男性専用 義との体験談

ここでは、「男性専用 義との体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

弟がある会社の紹介で、関東地方の会社で働く事になった。
弟は嫁を残し、先に独りで行った。
仕事を覚えてから、嫁が行くという事だった。

弟の嫁は、独りでいても閑なので、パートへ行く事になった。
パート先で、店長のセクハラが有ったので、俺の所へ相談に来た。

俺は法務にも詳しかったので、店長へ抗議した。
俺は、その頃は、まだ独身。

ある程度時間にも余裕があったので、弟の嫁の仕事が終わったら
迎えに行っていた。(面倒なので、以後、弟の嫁を単に嫁と書く)

ある日嫁を送って行き、帰ろうとすると、
「お兄さん、たまにはお茶かコーヒーでも飲んでいって」と言う。
まぁ、いいだろうと、家に入った。

コーヒーを飲み、帰ろうとすると、
「お兄さん、お願いがあるの。40万ほど貸して下さい」と言う。

俺は給料の半分を母に渡し、残りは自分で使う事にしていたので、
蓄えはあった。

「何に使うの?」と聞くと、俺の弟の所へ行くと言う。
「まあ4~5日中に用意しとく」と言うと、
嫁は俺の側に来て、股間に手を伸ばしてきた。

ズボンのベルトを緩め、ペニスを引き出すと、おもむろにパクリ。
欲求不満だったのだと思う。

俺のはAV男優みたいに、大きいわけじゃなく、太くもない。
それでも美味しいと言いながらのフェラ。

大きくなったところで、嫁は下を脱ぎ、俺の上に跨がった。
結構締まる。そして激しく腰を振ってきた。

自分で胸を揉みながら、「ああ~イイッ」。
激しくてエロイ腰振りグラインドに、イキそうになったので、
「そんなにやられたら出るよ」と言うと、俺から離れて裸になる。

俺が服を脱いでいる時に、嫁は俺のズボンを脱がす。
嫁は、お兄さんゴメンネと言いながらキスをしてきた。

舌を差し入れてきて、唾液を吸い取るように舌を動かしながら強く吸う。
何度もディープキス。俺も嫁を抱きしめ、胸を揉み上げ、尻を掴み、
ペニスを嫁に押しつける。

床に倒れ込み、キスしながら乳首を強く揉む。
「ウ アッ、ああ~ダメッ、あっあっあああ~~~」
膣口を触ると既にグショグショ。ヌルッと指が入った。

曲げた指先を奥から手前に動かす。
「うっ、あっあっ、イイ~イイッ、イイノ~」

相当欲求不満だったのかと思い、オナってたんだろと聞くと、
時々してたと言う。
片手で抱きしめ、乳首を吸いながら、指で膣内をかき回す。

「ダメッお兄さんダメッ、イッチャウ、イッチャウヨォ~」
そのまま敏感になっている乳首を甘噛みすると、

体をピクンと弓なりに反らせ
「ああ~お兄さんダメダメ、ダメッダメッダメヨ~」
背徳感から、更に敏感に燃え上がるのか。

膣内は既にドロドロと熱くなっている。
俺の方もギンギンになってきた。

正常位になり、挿入するが、さっきよりも狭い感じに鳴っている。
グイと腰を勧める。半分まで入ったところで、キュゥッと締め付けてくる。

ああっああ~、ンンンゥ、お兄さんっ、入ってきたぁ
硬いの、硬い、ううっあっハッ、いっいいっ

俺もイイッ、ウッ、んむ~
膣肉が絡まる。捕まれてるような感触。それに締まるっ。

ユルユルと腰を何度も動かす。何故か動かさずにいられない。
凄く締まる。

「お兄さんっ、ダメッ、私もうダメッ、あっあっあああああっあっ
イクイクイクゥ、イクノォ~、いっ今よっ今っ、かけて、かけてっ、
し、子宮にぃ、イ、イイッ凄いっ凄いっ、イグゥ~、ングゥ~」

俺も思いっきり射精!ドクドクッ、ドクー
まるで吸い出されている感触だ。

体が重なったまま、二人息切れ状態。
ハッ、ハッ、ハ~ッと深い息。

「お兄さんの、まだ硬いわ。凄かった」
「おまえの締まりが良かったからだよ。まだ締め付けてるし」

「んん~ん、このままもう一回、な?」 
「ウン。」盛りがついたように更に激しく燃え、燃え尽きた。

最後にお掃除フェラ。徹底的に、最後の一滴まで吸い出された。
顔を合わせてニッコリ、硬く抱きしめ合った。

嫁には50万を渡した。その後嫁は弟の所へ行き、
弟夫婦は年に二回帰省する。

その時には、またラブホで嫁と激しく燃え上がる。
あの締まりの良さは、忘れられない。これからも、続くのだろうか・・・
(投稿者 会社員Q)
嫁と義姉とで買いものに出かけたんだ。俺は、運転手兼荷物持ちだ。
和気あいあいと3人でどうでもいいような話するんだけどさ。

義姉が、嫁に俺のこと言いだしてさ。
笑いながら、冗談なんだろうけど。

「こんないいダンナなんてそうそういない、私が嫁より早く知り合ってたら
よかったのに、今からでも取っちゃっていい?」とか言うんだよね。
恐るべし、義姉独身の身軽さ大胆さ。

俺はどうしようもなくて、おねえさん、困りますよーなんて、
アヘアヘ笑ってたんだけど、義姉のあのエロい身体付きを思い出したら、
それでそんなこと言われたら、おかしくなりそうだったよ。

家に帰ったら、義姉はいつもの無防備さを晒け出して、俺はトイレに直行。
夕食後は、義姉を家まで送っていったんだけどさ。

「お茶でも入れてあげるよ」って誘われたけど、理性なくしそうだったんで、
丁重にお断りして帰ってきたよ。
でも、もう限界だよ。この次はわからないよ。

この前、嫁両親に温泉旅行をプレゼント。
それで、なぜか両親のいない実家に俺が車を運転して帰省。
嫁と義姉を乗せて。

家に帰るなり、嫁と義姉は開放モード。
無理ないよな、実家だから。

二人共、早速シャワーを浴びてノーブラスパッツだ。
この辺は姉妹だね。

でも、やっぱり俺の目は義姉ばっかり追ってしまってさ。
だって、Tシャツの胸に浮かぶオッパイとポッチ。
食い込むスパッツ、リアルマンスジ。

尻なんかクロッチがクッキリ食い込んで揺れてやがる。
たまんないよ。

嫁もスタイル悪くない方だが、義姉のはエロい。
すっげぇエロい。

嫁が台所で何かしてる間に、俺が義姉の世間話に付きあってたんだけど、
やっぱエロすぎる。

向かい合って義姉が体育座りして俺に話しかけてくるんだけどさ。
股間のプックリにパンティが食い込んで、それがスパッツの上から丸わかり。

ほんと、たまらなくなってさ。ちょっと失礼、って言ってその場を立ったよ。

俺、台所に直行して、嫁にお前を見てたら欲情してきた、たまんねえ
って嘘ついて、その場で手コキしてもらった。
いつもより早く多く出してしまった。

何食わぬ顔してジュースを持って義姉のところに戻ったけど、
やっぱり股間や胸をチラ見してしちゃうんだよ。

その夜も、寝る寸前まで義姉のエロい姿見せつけられて、
ムチャクチャ欲情してさ。

義姉に聞こえるかもしんないのを承知で、
義姉を思いながら嫁の体にむしゃぶりついてしまったよ。
嫁には悪いが、義姉の体を思うだけで、チンコに力がみなぎるのさ。

嫁が寝ついてからも、義姉のエロい体を思うと
またチンコが制御不能になっちゃってさ。

義姉をネタにして抜こうと思ってトイレに起きたら、
義姉と入れ違いだった。

「おやすみ」って笑いかけられて、
俺も愛想笑いを返したけど、すんでのところで押し倒しそうだった。

それをこらえて、トイレに入ったら義姉の匂いがした。
紛れもない、義姉の小水の香り。

それを深く吸い込んで、ああ、おねえさん・・・っっ
て思い浮かべながら義姉の体をフラッシュバックさせながら
無我夢中でコイた。

さっき嫁で抜ききったはずなのに、まだ出るんだ。しかもたくさん出るのな。
そのまま義姉をネタに2回抜いて、やっと眠れた

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.