女性専用 友達の彼氏との体験談

ここでは、「女性専用 友達の彼氏との体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

去年の夏、私は、友人夫婦の家に泊まりにいきました。
お酒も終わって、友人夫婦は寝室へ。私はとなりの客間でした。
しばらくすると、小声で「だめっ」って、友達の声が聞こえました。
となりの部屋とは、仕切り戸の襖だけですから、どうしても聞こえます。
ベットのきしみとかで、ふたりの身体が動いている気配がしました。
私は、まさかと思いながら、耳をそばだてました。

チュッというキスの音が響きました。
それが何度も続いて、ベットが大きくきしみました。
そして、突然に「あんッ」という友人の甘い声が聞こえたかと思うと、ペタペタと肌の当たる音が……。


私は、暗いなかで、目をぱっちりあけて、襖を見つめました。
二人のセックスは、だんだんと激しくなっているようでした。私に遠慮して声を殺しているのですが、息づかいが荒くなっていくのです。
それは、とても長く続いていたように思います。
他人のそういうのを聞いたのは、はじめてのことです。

ふたりが静かになったとき、私は、もう、変になりそうでした。
気を落ちつかせようとしても、身体がズキズキして、自然にふるえてくるのです。
二人が寝静まってから、十分に時間を置いて、私はそっと部屋を出てトイレにいきました。

トイレに入って、やっと深呼吸することができました。
ショーツはしっかり冷たくなっていて、下ろすと凄い状態になってました。
ウォッシュレットを少し当てると、声が出そうになって、よけいに生殺しになりそうでした。
しばらくして、私がトイレを出ると、なんと、そこに旦那さんがいたのです。

びっくりしました。
私は、濡れたショーツを脱いでいて、ロングTシャツ1枚でした。
旦那さんは、私の前に寄ってきて、「大丈夫?」と小声で言いました。
私は、手にもったショーツを隠しながら、返事もできずに突っ立っていました。
彼は、私の髪をなでながら、そっと抱きしめるようにひっついてきました。

そのとき、私の下腹に、熱い固いものが当たりました。
その瞬間、アソコが新たに濡れてくるのを感じました。
彼の手が、私のお尻に下りてきて、さらに抱き寄せられました。
熱い棒が強く押し付けられ、私は、くらくらしました。
彼の胸に包まれるようにして、どうしていいかわからず、ただじっとしていました。

彼は、自分のパジャマを下げてオ○ンチンを出しました。
私は、その大きさと形に、目が釘付けになりました。
彼は、私のTシャツをたくし上げると、少しかがんで、その大きなモノを私の内腿の間に……。
彼は私のお尻のほうから手をまわして、位置を定めていました。
私のアソコが割られて、お汁が出てくるのがわかりました。

そのときになって、やっと、私は「いや……やめて……」と小声で言いました。
彼は「大丈夫だよ」と言いました。
彼が私の腰を強くつかむと、次の瞬間、私のアソコが、ぐいっと広がりました。
私は、呼吸困難になったみたいに、はぁッはぁッと息を見出しながら、立ったまま、太いモノをめりめりと入れられました。

彼は、私を貫いたまま抱き抱えるようにして、トイレに入ってドアを閉めました。
彼は、私の背中を壁に押し付けながら、両方の膝を持ち上げました。
少しアレが引き抜かれたかと思うと、今度は深く突っ込まれました。
お腹がけいれんしそうでした。
声を殺すのに必死でした。
あばれても、友人が起きたら大変なことになります。

彼は、ゆっくりと、何度も私を串刺しにしました。
あまりの太さと長さに、私は叫びそうになりながら、何度もイキました。
1年半ぶりの男でした。

ズボッといやらしい音をさせて抜かれると、私は脚を下ろされ、オ○ンチンを口にふくまされました。

さきっぽしか口に入りません。
そして、熱い精子の匂いに、頭の中は真っ白になりました。

ふらふらになって、私は客間に戻されました。
手には握りしめてくちゃくちゃになったショーツがありました。

翌朝は、ふたりの顔が見れませんでした。
彼は、奥さんに見られないようにして、こっそり私に携帯番号をくれました。

「また、やろうね」と言われましたが、「私、なんか眠かったので、よく覚えていない」とか、わけのわからない返事をするだけで精一杯でした。

その1週間後、1回だけということで、なかば無理矢理ホテルに連れられました。
そして、犯されるような激しいセックスをされました。

それから、彼は転勤になり会っていません。
やっぱり友達に悪いから、良かったと思っています。
でも、どうしても、思い出してしまいます。

彼女は、いつも、あんなセックスをしているのかと思うと、そして、それを私が知っているというのは、なんだか変な気分です。
彼氏とのHがマンネリ化していた時に、友達のマンションで友達カップル2人(KくんとYちゃんは同棲中、Yちゃんはわたしの友達)と飲みました。

いつも通りくだらない話で0時くらいまで盛り上がりましたが、私は体調悪い上に結構飲んだので潰れてしまいました。

最初から飲むつもりだったのでわたしは、お泊りセット持参でしたが、飲みすぎでお風呂も入らずに客間へ。

着替えもせずに敷いてもらった布団の中へ・・・。

私もどれくらい寝たのか時間は分かりませんが
「何かもぞもぞする・・・。」と思って飛び起きると、
KくんがわたしTシャツの上から胸を触っていました・・・。

「だめだよ、何してるの、Kくん、だめ・・・。Yちゃんがいるでしょ。絶対ダメっ!!」
「好きなんだ・・・。好きだからさ・・・。」

Kくんは上のTシャツを着たままパジャマとパンツを同時に少し下ろし、
仰向けのわたしの頭を両手でつかんで乗りかかる感じで
わたしの口にモノを入れてきました・・・。

Kくんは正直あまりタイプではないんですが・・・。

「友達のYちゃんがいつもくわえたり、舐めてるモノをわたしがなんで今・・・」 と思うと、かなり酔っているとはいえ自分でも訳がわからなくなってきました。

わたしの彼氏と同じくらいの太さで毛がいっぱい生えてて、こそばゆい感じがしました。

酔ってて力が入らずにされるがまま・・・。
わたしも履いていたGパンを脱がされ、パンツも下ろされました。

「わたしお風呂はいってない・・・。だめ・・・。」
「(オレは)いいよ。気にしなくて。」

Tシャツを首までめくられてブラを外され小さな胸(ハト胸)を
揉まれながら乳首を愛撫されました。

「見たかったんだ・・・胸・・・きれいだね。」

「わたしのこの小さな胸で満足してくれてる・・・。彼氏じゃない人に乗りかかられて、わたしカラダを許しちゃってる・・・しかも友達の彼氏に許しちゃってる・・・」

今のシチュエーションからか感じやすくなっていました・・・。

ク○トリスを舌で激しく攻められておなかがブルブルッと痙攣して、
体をくの字にしてビクンビクンっと激しくイッてしまいました・・・。

イッた後にお尻の穴を舐められたのが恥ずかしかったです。

四つん這いにさせられて「靖代ちゃん、かわいいよ・・。お尻大きいんだね・・。」
5分くらいお尻を揉んだり掴んだりお尻の穴を舐められました・・・。

廊下を挟んだ部屋で寝ているYちゃんにバレないかと不安で横目に見ながら、Kくんに体を密着されて、正常位でわたしの腰に腕を回して動けなくされて、挿入されそうに・・。

小声で「だめっ付けてよ。」
「大丈夫だよ。」

「根拠ないじゃん・・・・・・あ、ああんっ。」
結局ナマで入れられてしまいました・・・。

ガンガン突かれるのが好きなわたしは、Kくんにすごく速く出し入れされて今までで一番感じてしまいました。

「あっ、あんあん、ああんっ、Kくん、しっ、して、してっ、もっと、もっとしてぇ!!」

わたしの耳を舐めながらKくんは耳元で「このまま(中に)出すよっ・・・」

「だめっ中はだめ!!」
「ああっ・・オレもう・・・いきそう・・・」

Kくんの腰の振りが速くなりました。
「ホントだめだから・・だめっ出さないでっ、中なんていやっ・・お願い出さないでぇ!」

「ごめん・・・イクよっ」
結局(今の彼氏にもされたことがないのに)ナマで中出しされてしまいました。

正常位で私に全体重をかけてKくんは気持ち良さそうに中出しの余韻に浸っているようでした。

わたしは「友達なのに中に出すなんてダメだよう・・」
Kくんの熱いモノが脈打ち、ピクピクした感じと
Kくんの気持ち良さがわたしにも膣を通して伝わってきました。

Yくんの精子にはYくんの情報(DNA)が詰まってるのに、
膣を通してわたしの体の中に情報を入れられちゃうなんて・・・。
Yちゃんのものなのに・・・。

わたしはKくんに挿入されたまま「Yちゃんごめんなさい・・・」と心につぶやき、流し込まれたKくんの体液(精子)をそのまま膣の奥に受け入れてしまいました・・

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.