女性専用 不倫体験談

ここでは、「女性専用 不倫体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

私が新婚の26歳のころ主人と新車を買いにいきました。
その時の担当営業マンの24歳の彼と深い関係になってしまいました。

ある日アパートに彼が訪問してきて部屋に上がって点検とかの話から夫婦の仲の話までするようになりました。

私は主人とは高校の時からの付き合いで主人以外の男の人 とは付き合ったことがありません。

彼がそんな人今時珍しいよ~って言われ他の男の人にも興味が出だしました。

その後彼のことが気になりだして用も無いのに車の操作が解らないとか言って連絡したら直ぐに来てくれたりしました。

彼がこれからもいつでもいいから連絡下さいって携帯番号とメールアドレスを教えてくれました。

その後メールのやり取りをするようになり彼とランチとかするようにらりました。

平日のある日朝から大雨で部屋で退屈にしてたら彼から今から行っていい?ってメールが来てもちろんいいよ~。

彼が部屋に入るなり抱き締めてきて激しくキスされました。

嬉しかったけど少し抵抗しました。だけど彼はやめるどころか私を押し倒しスカートの中に手を入れてきました。

ダメ!やめて!彼の手がパンツの中まで入ってきた時私は信じられないぐらい濡れてしまってました。

彼にもうこんなにベトベトだよって言われ恥ずかしくてたまりませんでした。
彼が自分のズボンを下ろして彼の物を見た時ビックリしました。

大きい!何これ?他の人のを見るのは初めてで主人の物より太くて長い物がカチカチになってました。

彼に進められ口で舐めたりしてあげました。

彼が私のパンツを脱がせようとしたのでそこまではダメって言ったら、1度だけしたいって言われ許してしまいました。

彼の物が入ってきた時奥の方までドンドン入ってきて主人とはあきらかに違った感触でした。

彼がイク!って言って奥に突いて中に出してしまいました。
え!ヤバイかも。。それから2日後に主人ともしましたが。

1ヶ月後に妊娠してるのが分かり凄く悩みました。たまたま血液型は主人と同じでしたので産むことにしました。

その後主人の転勤で引越しをすることになり彼とは会えなくなりました。
彼には赤ちゃんのことは言ってません。私だけの秘密です。。
私、Mと言います。
今32歳、夫婦と娘の3人で都会のマンション暮らしです。

主人は優しく穏やかな人で、日々の生活も平和な普通の家庭だと思い、満足していました。

ある日、親友のT子が話していた高校の同窓会の通知が来ました。

今までも数回開催されていましたが都合が悪く出席したことはありませんでした。今回は障りになる理由もないので出席しました。高校時代に淡い恋心を抱いていたS君も出席してました。

宴もたけなわになり、男性陣も女性陣もそれぞれ塊りになって、思い出話や近況を伝える雑談に花が咲き、あっという間に予定の時間が過ぎました。

飲み足りない人、思い出話に興奮している人、皆さん二次会のお店に向かいます。

私はお酒も体質的に弱いし、親友のT子も来ていないので、失礼して一人で駅に向かい商店街を歩いていました。

後ろから突然肩を叩かれ、びっくりして振り返ったら、
S君が傍にいてにっこり笑っています。

「Mちゃんと話がしたかったけど、機会がなく残念だなと思っていたら、一人で駅に向かって帰って行くんで、皆には悪いけど急用が出来たことにして追いかけて来たんだ」

調子のいい子ではなかったので信じられるけど・・・。

「あらぁ、私に興味なんて全くなかったのに変ねぇ、別の誰かの間違いじゃないの?」と意地悪く言ってみた。

「そんなことないよ。Mちゃんのこと気になっていたけど、
部活で毎日しごかれてさ、彼女を持つ意識がなかったんだよ」

高校時代、恋愛に発展して楽しんでいた早熟な子もいたけど、
恋心か憧れか、判然としないまま過ぎてしまった子も多かった。
私もその一人だと思う。

「Mちゃん、急いで帰らなきゃならないの?僕とゆっくり話す時間ないの?」

単刀直入に聞かれどぎまぎしながら、思わず「良いわよ」って承諾してしまった。
後から考えると“赤い糸”がS君との間に繋がっていたみたい。

同窓会の人達に逢わないように、
新宿にあるホテルのスカイラウンジで落ち合うことにして別々に行動をした。
秘密めいて、電車の中で気持ちの昂ぶりを感じたことを鮮明に覚えている。

実際は二次会に向かう人たちに対して会いたくないだけの単純な理由なのに、S君と示し合わせて秘密の行動をしている気持ちを持ってしまったことが予期していない結果になってしまった。

静かに流れる音楽の調べと光り輝く都心の夜景、家事と育児の平凡な時間を過ごしている主婦が、突然一番のお気に入りのワンピースと、夫からプレゼンントされた装身具で装い、高校時代に恋心を抱いた男性とラウンジバーでカクテルを飲めば、ただ訳もなく異次元の世界に入り、その場の雰囲気に流されて男と女の行きつくとこへ自然な形で収まりました。

主人とは週に二回、お互いの愛情を確かめるような、
型通りのセックスを致しております。
私が嫌だなと思うことはしませんし、主人の射精に合わせ私も達し、
そのまま眠りに入ることで満足しておりました。

S君と体験した後の私のセックス感は根底から変わりました。
S君は私の希望したことをことごとく無視して私を翻弄しました。

最初にシャワーを使うことを拒まれ、
「Mちゃんの匂いを体全体で感じたい」と言って部屋に入るなり抱き締められ、
キスの雨で顔一面を濡らされました。

「少し落ち着かせてぇ」って言ったのに、窓際に立たされ、
お洋服の上から胸や背中、そしてお尻の辺りまで何回も何回も撫でられたんです。

最初は綺麗な夜景に感激し、気持ち良く体をS君に預けて心地良さを味わっていましたが、
だんだん性感が高まって来て、もっと強く感じる部分を刺激して欲しいと思いました。

でもS君は変化しない。もしかして焦らしているのかしら?と思ったりしましたけれど、恥ずかしくてS君に言えないし、息が荒くなり体を捩るようにしたら、「どうしたの、飲み過ぎて気持ちでも悪いの?」なんて聞く。

「ううん違うの、意地悪ね」って体を一層寄せて甘えたのに、
耳元に口を寄せ、小声で「ちゃんと言ってくれないと分らないよ」ですって。

小声で話す息がくすぐったいようでいて、ぞくって感じで下腹部に響く。体が燃えるように熱くなってくるけど、主人以外の男性に抱かれた経験が無いので恥ずかしくて自分から行動が出来ない。

(あああ、焦れったいし、苦しい・・・)
S君が「ねっ、言ってごらんよどうされたいの?」

相変わらず背中やお尻を擦りながら、決して急所には手が行かない。
太腿の内側をすーっと撫でられ、思わずしがみ付いて
「もっと強く刺激して、Mのことめちゃくちゃにして」って言ってしまった。

その後のS君は、私には初めてのことばかりだった。
お洋服は脱がせないで、ジッパーを下し、
ブラを下げてお乳を揉みしだき、乳首を捻る。

今までさんざん焦らされていたので、あっという間に軽くイカされてしまった。

その後はストッキングとショーツを一緒に膝まで下されて、下腹部全体に舌が躍る。シャワーも使っていない濡れ濡れの下腹部を卑猥な音をさせて吸われたり、突かれたり舐められたり凄い。

窓枠に手を付いてやっと立っている状態。
声は止められないほど出ている。

主人にはこんな厭らしいことさせたことないし、今までベッドの中で秘めやかな行為こそ夫婦和合のセックスだと思ってきたのに、S君の扱い方ったらまるでレ××みたい。でもこれって初めて知った感覚。

あっ・・指を挿入してして来た。
やだぁ、折り曲げて引っ掻くように擦ってる。
あっ、指の出し入れが早くなった。

「あっあっああああああああ、やだぁー出る出る」
おしっこみたいなのが出てる。

「S君止めてぇ、恥ずかしい止めてぇ」
びゅっぴゅって出てる。

「M、すっごい感度良いな、潮吹いたぞ」
「潮吹いたってどういうこと?おしっこじゃないの?」
「違うよ匂いもない綺麗な淫水だよ」
私には理解し難いことばかり。

「ねぇお願い、もう寝かせて、ベッドでして、ねっ」
S君たら「もう少し我慢しろ」ですって。

窓枠に両手を付かせ、お尻を思いっきり後ろに出させ、S君のペニスを挿入して来た。

「あっあー気持ちいい、あっあ、いっいー、S君あたるぅあっあー」
部屋いっぱいに私の声が響いているみたい。

下腹部がびくびくして両脚が震え起っていられない。

床に崩れそうなのにS君が両手で支え、いきなりお尻を平手でぴちゃって叩いてきた。下腹部の奥に刺激が走り、「うぉー」って叫んで陰唇がひくひく震えてイッてしまった。

私、こんなに刺激の強い快感って初めて知った。

ベッドでは二人とも全裸になってS君に様々な体位をさせられ、肛門まで舐められたり、指を入れられたりして翻弄されてしまった。
荒々しく扱われ、恥ずかしいことをされると快感が高まり、苦しいのにより求めてしまう自分に驚きました。

主人とでは到底経験出来ない世界を知り、その夜は頭が真っ白のままS君と別れました。

別れ際にS君も、私も家庭が大事、乱したくないことを確認して、これ一回だけの不倫で済ますことを誓いました。

あの日から一月が過ぎました。
夢みたいな経験、私の体に強烈に感じ悶えることが意識に残り、
思い出すと体の奥から濡れてきます。

結婚して主人を受け入れ、愛情に包まれた営みを当然のように思い、
私の好むセックスで主人も満足していると考えていたことに疑問を感じ、
自分から変わろうと決心しました。

主人のペニスを愛しい心でお口と舌で愛撫することを実行してみました。
旦那様ったら驚いて・・・。

「おっ、おい、どうした。どこで誰にそんなこと仕込まれた?」
「内緒。でっ、どう?気持ち悪いの?嫌なの?」

意地悪く聞きながら、ぎこちないけど努力してみた。
旦那様ったら敷布をぎゅっと握って腰を浮かしながら耐えている。

「おっおい、出ちゃうよ、止めろ、出る出る」
「良いわよ。Mのお口の中にいっぱい出して」
言葉も行為も初めてなのでとっても新鮮。

「いったい今夜はどうした?何かMにあったのか?」

不思議そうな、そして不安そうな主人に数日前から考えていたストーリーを話した。

「先日、美容院で読んだ雑誌に、
人生の中に占めるセックスの大切さ、心豊かに日々を過ごす大事エッセンス、
そして具体的な様々なことが例示として書いてあったの。
それ読んで、ああ、Mは貴方にとって悪い妻なのかしらって思ったの。
男性の喜びに嗜虐性の伴うセックスがある。それは女性を憎む心でなく、
より悦びを高める本能であり男女の根源だ。
それを人格権の侵害としてとらえ蔑む夫婦があると悲劇に終わる。
二人して快感を求めて楽しむセックスを行えば、
奥の深い悦びに浸れる充実した人生になるって書いてあったのよ」

主人「僕も淡泊だから、君が嫌がることを強制して夫婦の間がぎくしゃくするより、
穏やかな生活が出来ればそれで良いと思っていたけど、内心では興味はあったな。
お互いに無理せず行こう。でも君の体、隅々まで自由に見てみたいな。
怒るし拒まれれば気まずくなると思い、我慢していたけど、Mの変化に期待するよ」

S君との同窓会不倫は、私のセックス講習会として、
旦那様がたくさん喜んでくれる行為へと昇華した。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.