女性専用 視姦/露出体験談

ここでは、「女性専用 視姦/露出体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

子供の時、親族の酒宴もお開きになって
みんなが座敷でダラダラしている時に、

母親は、襖を開けたままの隣の部屋で、
お風呂上がりに全裸をみせびらかす様に、
タオルで背中をゴシゴシしたりしてました。

親族の男性は、見て見ぬふりしながら、
目は母親のオッパイやアソコに釘付けでした。

それまでにも、親族、近所の人がいるのに
見えるところでスッポンポンになって
着替えたりしていました。

縁側で、庭から丸見えの所でも。

すけべな近所のおじさんも、ワザと用事をつくる様に、
家に来ていました。

スケスケの、オッパイがハッキリ分かるネグリジェで、
ノーパンもハッキリ分かるのに、庭に出たり。

露出狂だったんでしょう。

近所のおじさんも、ネグリジェ姿をニヤニヤ眺め、
「それじゃ、お乳が丸見えだよ、奥さん」
と、さりげなくオッパイを触ったり。

母親がオナニーをしている所をみた事がありますが、
多分、いろんな男性に全裸を見られたところを
想像してたのかもしれません。

興奮したのは、弟の授乳時、祖父や、
その他の男性の前でもしていましたが、

痴漢や変質者が出るという浮浪者の住む公園でも、
弟の授乳を、汚い男性にオッパイを見せつけながら
していました。

私も興奮するので、たまについていきましたし、
すけべな近所のおじさんも、たまに来て
オッパイを見てニヤニヤしていました。

痴漢もたまにされてましたが、仕方ないと思いますし、
むしろ、わざわざ痴漢されにいくようなものでした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

前にも投稿させていただきましたが、
オナニーのネタは、自分の事より、若い頃の母親の露出癖です。

子供の頃、母親がどうしても自分の裸を他人に見せたい、
というふうに思っていると感じました。

親族、近所酒宴、人付き合いの大好きな祖父がいましたので
うちに人が集まることがよくありました。

そんな時に限ってワザと集まりがある時間帯にお風呂に入り、
襖や戸を開け、隣の部屋でワザと身体をゆっくり見せびらかしながら、
身体を拭いて、男性に全裸を見せつけていました。

私も、隣にいたおじさんとともに、
母親がこちらに向かって堂々と開けっぴろげに
バスタオルを背中にまわして、
全裸を見せつけながら身体を拭いていたのを何度か見ましたし。

誰か泊まる時も、自分の寝室など
普通の人は隠れて着替えるのですが、

母親はワザとリビングや人が必ず通る所で
すっぽんぽんになってゆっくり着替えているのです。

普段は、二階の寝室で着替えたり、その隣の私達子供の寝室で、
カーテンを開けっ放しにして着替えています。

お客様がいる時だけワザと、一階の人通りのある所で
全裸になってゆっくり着替えるのは、露出確信犯ですよね。

近所の銭湯に月に一、二回行ってましたが、
女性更衣室などに、男性のメンテナンス工事の業者さんが
いる時も・・・

今ではそんな事は問題になるでしょうが、
わざとそういう男性がいる時は、

お風呂上がりに全裸で扇風機の前で涼み、
今からお風呂に入る時は早く脱いでワザと男性の近くを通ったり。

私も、もっと母親の全裸をイヤラシイ男性に
より多く見てもらいたい、
と子供ながらに、興奮してました。
(投稿者 七。)
前編は以下のとおり
混浴温泉でぶっかけられた

JKの時。部活の後に「温泉いかね?」ってなるのが夏場に何回かあった。
ちなみに私はマネージャーで、女マネは私含めて3人いた。

温泉行くのは女マネ三人と男子5,6人で行くことが多かった。

嫌だなぁと思ってたけど、ここで断ったりしたら
ノリ悪い認定されるからしぶしぶ付いて行ってた。

高校生だからか変にエロに素直で、
面と向かってセクハラしてくるのも嫌な理由だった。

胸の話ふってくるのはいつものことで、
毎回「パイズリして」って言われた気がする。

何故か意味もなくくすぐられて、そのまま横乳を揉まれるって流れも多かった。

見られてるのがわかるし、話にも出されるので体を隠したかったけど、
お湯のまで隠すのはカッコワルイみたいになってる。

他の子はお湯に入ると胸も隠せたけど、私は胸が半分しか隠れない。
目線もモロ分かりで、純粋に楽しめなかった。

男子は基本的にみんな立ってた。見たくないけどまぁ見えるよね。
んで、それを男子がネタにすると他の女子がちゃかして、
男子が「じゃあ抜いて小さくしてよw」っていうようなことがよくあった。

もちろん誰も取り合わないけど、
「じゃあ自分で抜くんでオカズ頂戴w」ってセクハラ。

私もいきなり胸タッチされることがよくあった。

ある時、罰ゲームと称して胸を鷲掴みに1分くらい揉まれたことがあって、
他女子も悪ノリしてとめてくれなかった。

ただのお色気要因な気がしてうんざりして、
みんなと一緒に帰りたくなくなって、みんあが帰るって言っても私は残った。

体を洗ってると男子1人が何故か戻ってきて
「体洗い忘れたわwww」と隣に陣取って体を洗い始めた。

少し警戒したけど、いつもの悪ふざけ以上のことはされないだろう、
ってたかをくくってた。

最悪何かされたらみんなに言いふらしてやろう、すぐに体洗って出れば
大丈夫だろう、って考えてたから無防備だったかもしれない。

まぁ面倒くさいのと、体が泡だらけでそのまま出れないが一番の理由だしね。
頭を洗ってると「すげぇ胸ぷるんぷるんしてるw」と実況された。

こっちが両手で頭洗ってるから胸を隠せないのをいいことにガン見されてた。

急いでタオルを体に当てて顎で止めてみたけど、
前かがみの体勢だと体に上手く隠れず結局横からだと丸見えみたいだった。

これはマズイかもと思って急いで頭を洗ってると急に黙る。
それが逆に怖くて少し目をあけて横目にみるとオナってた。

ずっとピチャピチャと聞こえてた音はどうやらオナってる時の音みたいだった。

やめてって言ってもやめてくれなそうだし、頭洗ってて
気づかないフリしてる間に勝手にイって終わってくれれば~って考えてた。

男のオナニーの時間がどれくらいか知らないけどすごく長く感じた。

妙に静かで、ちnこを擦るピチャピチャな音と、
その男子のハァハァした小さい息遣いが聞こえ気まずい。

見たくないえど、横で男がオナってるのに目を瞑ってる勇気はなくて、
洗ってるフリをしながら横目でみてた。

グッと寄ってきて触れられるような位置にくるのがわかった。
椅子から降りて正座の体勢でオナってるのが見えた。

そのまま空いてる手が伸びてきて胸を揉まれた。

いつものふざけ半分じゃない雰囲気がして
気が動転してどうしたらいいかわからず、
「マジでやめないと怒るよ」と言うので精一杯だった。

ふざけて揉むみたいにモミモミっとするんじゃなく、
横や下乳をなぞるようにしたり、乳首の周りを撫でられたり、
なんかマジっぽかった。

もうどうしたらいいかわからなすぎて、
やめてやめてと言いながら早く終わってくれ~と心から祈ってた。

さっきよりも手の動きが激しくなってて、終わりが近そう。

「んっ」と吐息が聞こえて、イったのかな?と思って横目で見ると、
膝立ちになって私すれすれ寄ってきた。

こっちが対応しようとするよりも早く距離を詰めてきて、
直前にちnこがきてた。

押し倒されて襲われるかもしれない、と見か構えていると、
お腹を突き出して横胸にちnこが当ててきた。

怖くて目をつむってると生暖かいのが胸に出てるのを感じる。

ドバっドバっと出てるのと、出たものが胸を伝って
タラタラと流れてるのがわかった。

波が収まると、精子をなするように先っちょで胸をグリグリされた。

今まで2回かけられてるけど、この時は特にもう本当に気持ち悪くて
全身にゾワゾワッと鳥肌が立ってた。

もう何がなんだかわからず、泣きだしてしまった。
さすがにマズイと思ったのか、めちゃくちゃ謝られて、男子は退散した。

泣きながら体を洗ってるとだんだん吹っ切れてどうでもよくなった。
脱衣所に行くとそいつが待ってて、私の着替えが終わると再度謝られた。

責任逃れのつもりなのか、聞きたくもないカミンガウトを聞かされた。
うちの部の男子は先輩後輩も含めてお前でオナったことがある~だのそういうの。

前に混浴に来た時にトイレに行ったフリして
私の下着でオナった男子がいるっていうを聞いてすごい嫌だった。

家に帰った頃には落ち着いて、色々思い返して、
今までかけられたのは事故でかかっちゃったんじゃなくて
かけられたんだろうな、って思って少し落ち込む。

知ってる人でも混浴には入るべきじゃないと思い直した。

なまじ小さい頃から当たり前だったから混浴なんてない地域の子よりも
裸のハードルが低かったんだと思う。恥ずかしさとかはあったけど。

なんか思い返すと何やってんだろって恥ずかしくなってきた

copyright © 2009 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.

Template by 無料ブログ