女性専用 OLの告白体験談

ここでは、「女性専用 OLの告白体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

弁護士事務所で受付と事務をしています、香織32歳です。

先生は51歳ですが普段から鍛えておられるので年齢より若く見え、更に私好みのスタイル、ファッション、声のステキな男性です。

私がこの事務所で働き始めて7年、先生とは手をつないだことすらありませんでした。

でも、たぶんお互いに、心のどこかで惹かれあっていたような……。そんな雰囲気は感じていました。

数ヶ月前のある日、先生と出張に出かけた帰り、人身事故のために、電車が停まってしまいました。

仕方がないので、駅近くのホテルに泊まろうということになりホテルに行くと、同じような状況のお客さんで混雑していて、1部屋しか空いていませんでした。それもダブルルーム。

「私はソファーで眠るから、香織さんはベッドを使うといい」と言って、先生はチャックインの手続きをしました。

シャワーを浴び、軽くワインを飲み、眠ろうとしたときも先生は紳士で、ベッドには近づきません。

でも、翌朝、一番で企業訪問が入っていたので、先生を疲れさせてはいけないと思い、「先生がベッドを使ってください。私はソファーで寝ますので」と言うと、「だったら、一緒に眠ろうか……」と思いがけない言葉が返ってきました。

先生はベッドに入り、「早く、おいでよ」と私を呼びました。
どうしようか悩みながら、私は思い切ってベッドに近づきました。

「何もしないから、早く入りなさい」と言われ、ベッドに横になると、先生は……私の上に乗りかかり、キスをしてきました。
先生のキスはとても上手で、激しく舌を絡めてきました。

先生の手は私の胸を優しく包み、浴衣をゆるめて、直接、触ってきました。
乳首をつまみ、指ではじき、そしてオッパイにキスしてきました。
 
恥ずかしいのですが、私はオッパイがとても感じるので、先生に触れられながらキスされて、声が漏れてしまったのです。
 
先生は帯をほどき、私のパンティーを剥ぎ取りました。
そして、先生も全裸になり、私たちはついにセックスを始めてしまったのです。
 
再びキスを交わし、先生は優しく私の身体を愛撫し始めました。
そして、オッパイを揉みながら、オマンコに顔を埋めて舐め始めたのです。
我慢できませんでした。

「あぁ……あぁ~ん……先生……ダメです……ダ……メ……」と、ダメじゃないのに、ダメって言ってしまったのです。
「ダメなの?」と聞き返され、
「ダメ……じゃない……もっと……してほしい……」とつい言ってしまった私は、

「綺麗だよ。ずっとこうしたかったんだ。もっと脚を広げて、よく見せて」と言われ、先生が言うままに、身体を預けていました。
 
クリを指で刺激しながら、オマンコを舐めまわし、クリを吸いながら、オマンコを指で刺激し……。
先生のテクニックにオマンコからは、ジュルジュルとエッチな音が部屋中に響き渡っていました。

「先生……もうダメです……あ~~ん……ん……う~~ん……あ……イイ……」
私は喘ぎ続けていました。
声にならずに、息も絶え絶え……ってこともありました。
 
私は先生が欲しくてたまらず、「先生のオチンチンが欲しい……」と言ってしまいました。

「じゃ、舐めてくれる?」と言われ、体勢を変えて先生のオチンチンを見ると、そこには既に硬く、大きくなった大きいオチンチンがありました。

「先生……すごく大きい……」と言うと、
「香織のオッパイもとっても大きかったよ。感じやすかったし」と返され、
「気持ちよくしてくれ……」と優しく頭を押され、私は先生のオチンチンを握って、口にほおばりました。

先っぽを咥えただけなのに、お口はいっぱいで、下で先っぽを舐めていると、
「あ……あ……いいよ……気持ちいいよ……」と先生は感じ始めていました。
 
もっともっと気持ちよくしてあげたくて、竿をこすりながら、先っぽを重点的にフェラしました。 
少し、強めに吸うと、「ダメ……だよ。そんなに吸っちゃ、逝っちゃうよ……」と、言いながら、どんどんオチンチンを硬くしていました。
 
袋を口に含んだり、オチンチンの裏筋を舐めたり、お尻までを舐めたりすると、先生は私の名前を呼びながら、息を荒げていきました。
 
体勢を変え、私は先生の上に覆いかぶさってフェラを続けていました。
先生はオマンコに顔をう埋めて、指と舌で中まで掻き回してきました。

「美味しいよ……。どんどん溢れてくるね……。どうしてほしい?」というから、
「先生のオチンチンがほしい」と言うと、正常位に体位を変え、ついに……先生の大きなオチンチンが入ってきました。

「うう~~ん……あは~~~ん……あ……あ……」
気持ちよすぎて、喘ぐことしかできませんでした。

「香織の中はよく締まってるよ……すごく気持ちいい……イキそうだよ……」
「ダメよ……まだイカないで……もっと気持ちよくして!!」
 私は懇願していました。
 
先生は、ゆっくり腰を動かし始めましたが、すぐに加速して、激しいピストンが始まりました。
鍛えている先生の体はとっても締まっていて、また持続力もあり、ピストンは5分、10分と続きました。
 
私は何度も頭の中が真っ白になり、また、子宮のあたりが軽く痙攣を起こして、身体ごと、感じまくっていました。
 
体位を横にして、横から挿入したり、バックから突かれたりを繰り返し、30分くらい突きまくられたでしょうか……正常位に戻してピストンしていた先生が、
「このまま中でしてもいい?」と聞かれて、
「はい……」と答えてしまいました。
あまりにも気持ちよくて、一緒にイキたかったのです。

「イクよ……ああ……あ……・あ……イク……イク……ああーーーっ!!」と言いながら、先生は私の中でイキました。
先生のオチンチンから、ドクドクと生暖かい精液があふれ出るのがわかりました。

先生は私の上に覆いかぶさり、荒い息をしながら、キスをしてくれました。

「香織、愛してるよ。ずっと、君のことが気になっていた」
「香織の体は想像以上にステキだったよ。こんなに早くイッてしまった」
「香織のオマンコはよく締まるね。気持ちよすぎたよ」
 
エッチなことをたくさん言いながら、先生は優しいキスから、どんどん激しいキスをしてきました。
オチンチンは抜かずに入ったまま……。
 
そのオチンチンが、私の中で、再び硬くなっていくのがわかりました。
「もう一度、しようか……」と舌を絡めてきた先生は、私に有無を言わせずに、2度目をはじめました。

オマンコにはオチンチンが入ったままなので、先生は指でクリを刺激しながら、オッパイを揉み、オッパイを吸ってきました。
ねっとりとした舌が乳首を転がし、私は再び、身体中で先生を感じていました。

少し、体を動かすと、中に入っている先生のオチンチンがこすれてグジュグジュとエッチな音を響かせました。

「もう硬くなっちゃったよ……。香織もよく濡れてるし、動いてもいい?」と聞かれ、軽くうなずくと、先生は正常位のままで、動き始めました。

「香織のオマンコのなかに、私のペニスがすっぽり入っているよ」
「オマンコが吸い付いているよ。エッチなオマンコだね」
「ペニスがキツイって言ってるよ。締め付けてくる……」
先生はどんどんエッチなことを言ってきました。
 
そして、「香織、上に乗ってみてくれないか」と騎乗位をリクエストしてきました。
私は正直、騎乗位はあまり経験がないし、得意ではありません。

でも、先生にこれだけ気持ちよくしてもらったのだから、先生を気もちよくしてあげたいと思って、体勢を変えました。
 
そびえたつ先生のオチンチンはとても太くて大きくて、こんなに大きなオチンチンが、私のオマンコにすっぽり入っていたなんて、信じられませんでした。

オチンチンの先がオマンコに当たりました。
私は少しずつ腰を下ろしていきました。
グググーーーッとオマンコの中に納まっていくオチンチン……。
子宮に突き刺さるような感じで、全部、オマンコに入りました。

「あぁ……入ったよ……」と先生。
そして、「動くよ……。いいね」と言って、最初はゆっくり動き始めました。
 
ゆっくり動いている間はよかったのですが、次第に突き上げが大きくなると、子宮にグイグイ突き刺さり、軽く痙攣を始めました。
気持ちよすぎて、気が狂いそうでした。
 
それでも先生の舌から突き上げるピストンは止まらず、私は髪をふり乱しながら、感じていました。
オッパイがたてに揺れ、円を書くように揺れ、そのオッパイを先生は鷲づかみにして揉みまくっていました。
 
あまりに激しいピストンに、倒れそうになると、先生は私の手に手を合わせて支えてくれ、ピストンを続けました。
 
そして、ようやく先生の上に倒れこめたと思ったら、グルリと上下を交替し、先生が上になりました。
キスをしながら腰を振り続ける先生……。
もう、先生とのセックスに夢中でした。

「先生……もっとして……もっと突いて……オチンチン、とっても気持ちいいの……」
「ああん……気持ちいい……先生……もっと……ああ~~~、いいよ……」

先生も同じように気持ちよかったみたいで、その後、中でたっぷりの精液が放出されました。
 
2度目の射精が終わってから、先生はオチンチンを抜きました。
 先生の精液が私の太ももを垂れて流れてきました。

先生は私をお姫様抱っこ(初めてお姫様抱っこされた!)して、バスルームに行きました。

「キレイにしておかないとね。今日(日付が変わってた!)は企業訪問だから」とお互いの身体を洗いっこしました。
 
洗っているときに、再び大きくなった先生のオチンチン、思わず口に咥えてしまいました。
 
すると先生は、「そんなに欲しいなら、もっとあげるよ」といって、私を壁に向かって立たせて、お尻を突き出させて立ちバックで挿入してきました。
 
想像以上にバスルームでは声が響き、恥ずかしかったのですが、あまりの気持ちよさに、意識が遠のいていました。
 
気がついたときにはベッドの上にいました。
先生の腕の中に。
 
そして、朝の4時。 
モーニングコールで起きたのですが、私も先生も離れがたくて、朝からセックスしてしまいました。

電車も動き始めたようなので、私たちはその脚で訪問企業を訪れました。
予定より早く仕事が終わったので、私と先生は、ホテルで休憩することにしました。
 
いつも、移動中に書類の確認や整理に使っているホテルなので、怪しまれることなくチェックインしました。

が、その日はいつもとは違って、先生は私を求めてきました。
いつもは使わないベッドで、私たちは激しく絡み合い、2時間という短い時間の中で、2度、愛し合いました。
 
それ以来、休憩のホテルや、私の部屋、ラブホテルなどで週に3~4度、セックスをするようになりました。
 
今日はお留守番なので、つまらないのですが、その間に……先生とのエッチを投稿しちゃおう! と思って書いています。
 
今夜あたり、先生、部屋に来てくれないかしら?!
先生の大きいオチンチンが待ち遠しくて、仕事中も濡れてしまうエッチな香織でした。
私は24才のOLです。
仕事は男性の営業社員のサポートをしています。
この間、サポートしている営業の男性にレイプされました。
 
私の仕事は、営業先での契約関係の資料をまとめたり作成をサポートする仕事です。
営業先は、海外ともやり取りしている関係で土日に休日出勤することがあり、その日も土曜日に出社することになっていました。 

営業の男性は、午後になると営業先へ出かけてしまい、私は彼が営業先から資料を持ち帰ってから、仕事に取り掛からなくてはならず、他の資料を作成しながら帰社を待っていました。

16時頃に電話が入り「営業先でなかなか商談がまとまらず時間がかかってしまった。これから戻るが、申し訳無いが今日中に資料をまとめてほしいので待っていて欲しい。」という内容でした。

彼は、17時頃に帰社してそれから資料作成に取り掛かりましたが通常の資料でも3時間程度かかる資料作成が、この営業先の資料は、契約内容が細かくそれ以上かかりそうでした。 

21時頃になると他の社員も1人帰り2人帰りで、とうとう会社に残っているのは、私たち2人だけになってしまいました。

22時頃にやっと資料ができあがり、彼がお疲れさまとコーヒーを入れてくれたので2人でそれを飲みながらチェックをし、細かな修正は彼が行うということで私の仕事は終わりです。

コーヒーを半分くらい飲んだ頃、なんだか急に疲れがでたのか眠くなって来ました。それにしても異様な眠たさです。

意識が朦朧としてきて、彼が何か話しかけてきているのですが何をしゃべっているのかわかりません。
彼が私のコーヒーに睡眠薬を入れてあったのです。 

気がつくと、私はソファーに寝かされていました。
起き上がろうとすると頭痛がして、意識がまだ朦朧としていました。
彼は私が目を覚ましたのに気づき話しかけてきました。
急に私が眠ってしまったのでソファーに運んだというようなことを話してくれました。

時計を見ると夜中の1時をまわっています。
なんとか起き上がって洗面所に行こうと歩きだしたら、なにか下半身の感じがおかしいんです。
下着が濡れているような感覚で下半身がけだるく、下着もずれている感じです。

とりあえず洗面所に行き下着をおろしてみるとねばねばしたものがついていました。
私はおりものは、少ないほうだし、ちょっと嫌だったんですが指でとってにおいをかんでみると、男性のあれのにおいでした。 

私は気がつきました。
眠っている間にレイプされていたんです。

急いで部屋に戻り、彼に、私が眠ってしまっている間に何かしなかったかそれとなく聞いてみましたが、彼はとぼけています。

下着にあれがついていたことを言うと、急に恐ろしい顔つきになり、押し倒されました。抵抗したのですが、暴れると服が破れるぞとそうすれば、恥ずかしいのはお前だろう、おとなしくしていれば乱暴なことはしないと言われて、すでに1度レイプされてしまっているのだからと、今思えば変な考えが私の頭の中をよぎり抵抗をやめてしまいました。 

すると彼は、私を応接室のソファーへ連れていき、ブラウス、スカート、ストッキングをぬがし体中をなめまわしてきました。
彼がブラジャーをはずしパンティに手を入れて私の敏感なところへ指をはわせると、決して声だけは出すまいと歯をくいしばっていたにもかかわらず、ああぁ..と声がでてしまいました。 

悔しくて涙が出てきました。
彼はそれを見て興奮したのか、私の目の前に彼のものを出して咥えるように言いました。
目をつぶって咥えると彼は私の頭を押さえ、腰を振りだしました。
喉につかえはきそうになりましたが彼はやめません。

しばらくすると私の口から彼のものを出し、私を四つんばいにして、後ろから入れてきました。
私は耐えていましたが時折、声がでてしまい彼をよけい興奮させたようです。

急に腰の動きが早くなり彼が自分のものを抜き、私に咥えさせ、口の中に出しました。
飲むように言われ、はきそうになりながら驚くほど多量のものをなんとか飲み干しました。 

地獄のような時間が終わったとほっとしたのもつかの間、再び彼のものを咥えさせられ、彼のものが再び大きくなると彼は、私の意思に反して濡れてしまっているあそこを指でぬぐい肛門に塗りつけ、指を入れてきました。

嫌だと言いましたが彼はやめません痛さにたえていると指の数が1本、2本と増えていき結局3本指を入れられあそこには親指が入れられ中でこすり合わされました。
この頃になると私も何がなんだかわからなくなって来ていて、痛みの中に快感を憶えていました。

それでも声を出すまいとしていたのは私の意地でした。
彼は指を抜くと肛門に彼のものをあてがいました。
逃げようとしましたが彼に押さえつけられていて逃げられません。

彼のものが入ってくるのがわかります。
まさに引きちぎられるような痛みに私は叫んでしました。

彼は容赦なく根元まで埋め、ゆっくりと動きだしました。 
次第に動きが早くなり彼はいきました。
彼のものを抜いたあとも、私の肛門は彼のものが入っているような感じがあり、まるで処女を失った時のような感覚でしたが痛みはその数100倍にも感じられました。 

彼は私の下着で自分のものをぬぐっていてやっと開放されました。
それ以来何度も彼のおもちゃになってます・・・

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.