女性専用 学生時代の告白体験談

ここでは、「女性専用 学生時代の告白体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

彼女持ちの男の子を寝取った話
大学の同期だったんですが、かなりガードが固くて2年もかかっちゃい
ましたけど、ぎりぎり不貞と言えないラインで攻め続けて凄く楽しかったです。

彼女のためにガマンしてたのが解放されちゃって
やっとエッチできてからは私から離れません。

中高と彼氏はいたのですが、あまり真剣に付き合う気になれなくて
大学では本気で相手を選んでちゃんと付き合おうと思ってました。

私の学科では1学年が2クラスに分かれているのですが、
合同の入学オリエンテーションがあった時に違うクラスの男の子に
一目惚れしてしまい、 同じサークルに入って活動しているうちに、
好きなものや考え方も共通していることがわかって
この子と付き合いたいという思いがどんどん強くなりました。

1度デートをし、同じクラスの友達も応援してくれていたのですが
6月の終わりに彼と同じクラスの女の子が彼に告白し、
女の子と付き合ったことのなかった彼はそれを受けて交際を始めました。

それを知った友達がすぐに知らせてくれましたが、悲しみや悔しさは
あまり生まれず、彼は将来絶対に私と付き合うという確信のような
気持ちがありました。

それくらいお互いの相性がいいと感じていました。

それからは主にサークル活動でアタックを始めました。
まずはいい女だなと思ってもらうため、彼の話は真剣に聞いて
すべて覚えました。リアクションも彼の好みの通りにしました。

話に出てきたものをさり気なく買ったりして共通の話題を増やしました。

サークル活動では必ず彼と同じグループになり、活動後の飲み会では
絶対隣に座って彼を特別扱いしました。

彼は胸とお尻のライン、タイトミニやショーパンに生脚が好きだったので
いつもそういう格好をして触れるくらい近づいて、彼を褒めたり、
間接的に好意を伝えたり、さり気なく太ももや腕、体を触ったり、
胸を押し付けたりしていました。

彼は初めての彼女と順調に交際し、初体験も済ませたようでしたが
何を話しても盛り上がってエロい格好で媚びてくる私と絡むのも
楽しみになっているようでした。

私も好きな人ができるとかなり発情してしまうので、彼の気持ちを
誘惑するのは楽しかったです。

一番効果があったなと感じてるのは、年に4回あったサークル合宿でのことです。
サークルメンバー50人ほどで合宿所やホテルに1週間泊まり、昼間は活動し、
夜は毎日誰かしらの部屋に集まって飲み会がありました。

その時も私は彼の近くから離れず、お風呂上がりの部屋着姿でくっついたり、
すっぴんを恥ずかしがったりしながらいつものようにエロ媚びをしていました。

長期休みであることから非日常的な空気があり、昼間疲れても
毎日朝まで飲むので、みんなかなり開放的になります。

泥酔して、暴露話や露骨な下ネタが飛び交ったり、サークル内カップルが
普段見せないレベルでいちゃつき始めたりして、毎回なんとなく
いやらしい雰囲気になっていました。

私が彼にくっつくと、彼もふざけながら引き寄せてきたり
手を繋いだり、ベッドの上で全身をマッサージしてあげたり、
くすぐりあったり2人で抜け出して朝まで話したり

もういつでもセックスできるような雰囲気になっていましたが、
私は本気で付き合いたかったことと、彼がきちんと彼女さんに
対して操を立てて?いたことで、生殺しみたいな状態のまま
合宿を過ごしていました。

時々、彼女さんと喧嘩をしたり、連絡をブロックされたりしている話
も耳に入ってきていて「一度二人で遊びに行かない?」
と誘ったことがあるのですが「彼女が泣くからゴメン」
としっかり断ってくれて、けじめのある男らしい部分が
素敵だなと感じました。

2年生の冬の合宿中、飲み会でいつものように話しながら触り合っていると
「あー(私)と2人で飲みたいな。人と話しててこんなに楽しかったことない。
いつも話してくれてすごく楽しいからサークルも合宿もめっちゃ楽しみにしてる。
2人で飲んで酔わせたい。酔わせたら…」 と言い淀むので、

私への気持ちと性欲がすごく高まってる今がチャンスだなと感じ、
ほかのメンバーにばれないように私の部屋に誘いました。

部屋のベッドの上でじゃれたりマッサージし合ったりしながら
話していたのですが、ふとお互い黙った瞬間があり
彼に引き寄せられたので私からキスしました。

彼は舌を入れてきて、何回もキスして抱きしめてきました。
そうしてるうちに、部屋着越しに私の脚の間を触りだしました。

いつも彼と話したり触ったりしてる時はすごく濡れていたので、
私もしたくてたまらなかったのですが、 セフレになるのは嫌だったので
「本気じゃないならこれ以上はだめだよ」と彼に言いました。

彼が「彼女との喧嘩が増えて今回も連絡をブロックされていて、
もう復縁する気は無い。彼女への気持ちがどんどんなくなってて
かわりに(私)のことばかり考えてた」と言ったので

「じゃあ今もう別れる、復縁しないと連絡して」
と彼に言って彼女さんにLINEさせ、

「ちゃんとけじめをつけて」と言って告白をしてもらい、
私の部屋でセックスしました。

前戯無しでお尻まで濡れてたし、彼のもガチガチで
すぐ挿入してもらえました。

何回もイったし、彼も沢山動いてくれて、気づいたら3時ごろに
なっていました。

途中で彼女さんからのLINEが来た時、 対面座位で動きながら
「私のこと好きなんでしょ?信じてるからね?ちゃんと別れて?」
って言ったのを思い出すと今でも興奮しますね。

合宿後、彼は彼女さんに会いに行ってしっかり別れました。

付き合い始めてからはほぼ毎日セックスしていちゃいちゃしています。
お互いやらしいことが好きなのも合ってたようでよかったです。
性欲に負けてバイト先のデブ先輩とヤりました。 
あの時の自分殺したい…

元々その先輩に気に入られてたんですが
どうしても一人暮らしの家に来たいと言うので、
 
その先輩には彼女いるし、なんかされる事はないだろうと思い
部屋に入れました。

その先輩は本人も気にしてたけどほんとデブ
彼女もデブらしい。

それから胸のサイズの話とかしてて、 
「デカいね触ってみたい」と言われ、
今なら上手くあしらえたのですが若かった…

服の中に手を入れられディープキスされながら乳首を触られました。 
頭の中では私こんな不細工にこんなことされてるという、
嫌悪混じりの興奮でいっぱい。。

それから先輩の手が下に伸び、私はかなり激しく抵抗しました。 

でも「感じてるやろ?」とニヤニヤしながら言われ、
確かに中途半端に終わりたくない自分がいました。

それからとうとう下を触られました。 
「めっちゃ濡れてるやん」と笑いながら言われ、
もう完全にどうにでもして、というくらい感じてしまいました。

それから私の中に、かなり激しくズボズボと指を入れられました。 
「あ~~~」ってかなり声も出てしまいました。 

そして今までにないくらいヌチャヌチャと音を立てられました。
後でじゅうたんを見て気付いたのですが潮ふいてました…

そして、先輩を強く抱き締める体勢でイッてしまいました。 
あそこがヒクヒクしてたらしくてイッたこともすぐバレました。 

それから先輩は…コンビニまでゴムを買いに走りました。
帰ってきて2回戦。 

私の部屋にはグランドピアノがあるのですが、 
「一回やってみたかった」と言われ、

ピアノに手をつかされ、激しくバックで突かれました。 

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.