女性専用 主婦の告白体験談

ここでは、「女性専用 主婦の告白体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

はじめまして、めぐみです。
今日はちょうど去年の今頃体験したエッチなお話をさせていただきます。

あれは、高校時代の友達の結婚式のときです。
よくありがちな、結婚式で出会って恋に落ちる系のアレです。

私もそのときは既に30代になっていて周りも殆どが結婚していたので、結婚式での出会いなんかほとんど期待してませんでした。
ただ、その結婚式にはとても素敵な男性が・・・。

私は見ているだけでドキドキしてしまいおそらく顔は少し赤くなってたと思います。

結婚式の時にはその方とは何もなかったのですが、結婚式の二次会で私の向かい側に彼がいたので、少しお話をして仲良くなってました。

二次会も終わり、三次会に行く人達と帰る人達に別れて私は帰ろうとしていたら、彼が誘ってきてくれて、そのままふたりで三次会・・・。

オシャレなバーに連れて行かれて、薄暗い照明の中強めのお酒を飲んでいたら、だんだんエッチな気分になってきてしまい。

さり気なく彼にタッチしたり、寄りかかったりしてたら、イチャイチャしてるみたいになり、そのとき早くもジュルっときてしまいました。

そのときの話によると、彼も結婚していて今まで浮気は一度もしたことが無いとのこと。
誘い方が自然でスマートだった為、その言葉は信用に値しませんが・・・。
そのときの私には既にどうでもよくなってきてました・・・。

話の中で、セックスの話しになり普段どういうセックスをしてるとか、こういうプレイが好きとか話していたら、
私は普段主人とはノーマルなプレイしかしないので『普通ですよ・・・』といった感じだったのですが、
彼はどうやら服を全部脱がさないでのセックスが好みみたで、特に冬は女性のブーツを脱がさないでセックスすることが多いと言って私の足元をチラっと見てました。

コレはエッチな予感がしたので、思わず私の方からホテルに誘っちゃいました・・・。

ホテルに着くと早速シャワーを浴びて着ていたドレスを再び着用。
そこからの彼は人が変わったかのようになって私の服を乱し始めました・・・。

私も何だか興奮してきてパンツにシミができるほど濡れていて、それを見て彼は執拗にパンツの上からクリを集中攻撃・・・。

私の我慢は限界になり入れてとお願いしましたが、彼は中々入れてくれず、乱れた服の上から私を愛撫していました。
そして、私が何度かイッたのを確認してからやっとパンツだけを脱がし挿入・・・。

私は我慢していたせいか、いつもと違う感覚だったせいか非常に濡れていて、彼のカチカチになったモノを下のお口で何の抵抗もなくジュボっと咥え込んでしまったのです・・・。

それから、正常位・バック・立ちバック・正常位で彼がフィニッシュ。
最後は私のお腹の上に出してくれました。

私はいつもより興奮していたのでイった後のオチンチンを咥えて全部吸い取って綺麗にしてあげました。

お互い家で配偶者が待ってるのでセックスが終わった後はそのまま帰りましたが、私は興奮状態だった為主人と第2ラウンドをおねだりしてました・・・。

あのときの彼とはそれ以来会ってないのですが、今も女性に服を着せたままセックスを楽しんでるのか、ちょっぴり気になります・・・
夫の上司に早く解放されたい…

28歳で主婦をやってます。
夫の会社では、年に数回家族同伴のイベントがあります。
春は花見。
夏は海水浴やバーベキュー。
秋は果物狩りや運動会。
冬は泊まりがけでスキーや温泉。
結婚してからイベントには、いつも参加していました。

2年目の温泉の時に、夫は酔いつぶれて部屋で寝てしまいました。
夫を心配した上司が、部屋に来て、すっかり熟睡している夫を見て、私の膝を撫でたりして来ました。

『やめてください』と何度も言いましたが、酔っているせいもあり、上司は聞き入れずに浴衣の裾から手を入れて来ました。

『○○君(夫の名前)が寝ている横で、奥さんにこんな事して興奮しちゃうよ』
と酒臭い息で耳元で囁きながら、浴衣の胸をはだけて、乳房を露にされました。

抵抗したかったけど、声を出しては夫が起きてしまう…こんな状況を夫に見られたら…
私が悪いわけではないのに、夫に対する罪悪感から声を出すことも出来ずに、上司にされるがままでした。

上司は、いやらしい顔で私の乳首を舌で舐めてきました。
ネットリと唾液をつけながら乳首を舌が這うのが嫌で嫌で泣きそうになりました。

上司は私を、夫の寝ている布団から離れた縁側の方に連れて行き、窓に向かって手をつかされてお尻を突き出す様にされて、浴衣の裾を捲ってアソコを舐めてきました。

クリをしつこく舐められている内に、さすがにアソコも濡れてきてしまい
『奥さんっていやらしいですね、アソコからよだれが出てきましたよ』
と言われてしまい悔し涙が出てきました。

上司は、そのまま立ちバックで、私を犯しました。
中に出されてしまい、またまた悔し涙でした。

そして上司は言いました。
『○○君に、このことを知られたくないなら、言う通りにしなさい』と。

上司の命令は、私が寝ている夫を起こして、夫を誘ってsexしろということでした。
その光景を、上司は、クローゼットの中から見ているというのです。

嫌でしたが、断ると、上司に中出しで犯された事が夫にばれてしまう…
従う以外、他に方法がありませんでした。

私は、シャワーで体中を洗い、アソコから出てくる上司の精液を全部押し出すように力を入れて、シャワーをアソコにあてて、洗いました。
そうして、夫を起こして、いつものように夫に抱かれました。

何も知らない夫は、私の体をいつものように愛してくれて、いつものようにクンニをしてくれました。

私は上司が見ていることが気になりましたが、上司の陵辱行為が洗い流されるように思い、夫の愛撫を受けました。

何も知らない夫は、私のアソコが、隠れて見ている上司から丸見えになる格好で、M字開脚で後ろから抱き抱えて、挿入してきました。

sexの相性は抜群の夫なので、夫のモノが入ると私は狂ったようにいってしまうんです。
何度も何度もいった顔を上司にも見られて、屈辱の中で最後は夫と一緒にいきました。

夫は、終わったあとも、いつも私の体にキスして、アソコを舐めて綺麗にしてくれます。
全部終わったあと、夫は、シャワーを浴びに行くと、クローゼットにいた上司は、部屋を出て行きました。

それからというもの、上司は、私の体を玩具のように扱い、しょっちゅう犯されています。
上司の奥さんは貧乳で、色気のない女性なので、私の巨乳目当てだと言います。

はっきり言って、気持ち悪いです。
早くエロ上司から解放されたいです。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.