男性専用 寝取られ体験談

ここでは、「男性専用 寝取られ体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
嫁は若い独身男とセックスしてます
嫁は若い独身男とセックスしてます 続編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続続編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続続続編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続4編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続5編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続6編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続7編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続8編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続9編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続10編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続11編

「嫁ちゃんの奥、すっごく粘り気出てきた・・・」
「あ、いやぁ・・・」

「ここ、メッチャいいんでしょ?」
「あ、そこっ・・・あっ!あっ!もうっ!」

「ああ、凄い締まる・・・」
「はっ・・・・はぅぅぅ・・・」

「身体震えてきたよ?いくの?いってるの?」
「く・・・くぅ・・・・はっ!はっ!はっ!」

犬みたいにハァハァしながら多分いってる嫁。
負かされました・・・

しばらく小休止あり、その間二人は一切話さない。
なんとなく不気味な学生君。すると、

「嫁ちゃん、四つん這いになって」
「・・・・」

ガサゴソと衣擦れ、多分言われた通り四つん這いになる嫁。
嫁も何も言わん。

「挿れる、よ」
「ん・・・あっ、ち、ちょっと!」

「・・・・」
「いやっ、ちょっと!学生君!そこ違うから!」

「ダメ?」
「ダメダメ、そこ違う!」

「あの、俺さ」
「・・・・なに?」

「嫁ちゃんの初めてが欲しいんだけど」
「は?」

「嫁ちゃんの、初めてが・・・・」
「それとこれとどういう関係があるの?」

「え?いや、だって嫁ちゃんのここでできたら嬉しいなって・・・・え?違うの?」
「・・・・」

「ここ、初めてじゃないの?」
「言わせないでよ・・・」

「え・・・」
「知らないよ」

「旦那さんに?」
「そう」

「そうなん・・・・」

これって絶対アナルセックスしようとしてるよな?
だとして俺もした事ない。
これは本気の意味でちょっと鬱になった。

「ねえ、どうするの?」
「え?」

「もうおしまい?」
「え?え?・・・嫁ちゃん、もう終わらせたいの?」

「どっちでもいいけど・・・だってまだ一度も出してないでしょ?」
「うん・・・・」

ギッシ・・・・ギッシ・・・・ギッシ・・・・ギッシ・・・・

「あっ!あっ!あっ!あっ!」
「・・・・」

ここから暴力的なピストンが始まる。
途中嫁が絶えられなくなって一旦中断。

「セフレでも我慢するからさ、嫁ちゃん」
「いいわけないでしょ?」

「嫁ちゃんと会えなくなるの、キツイな・・・」
「彼女作んなよ」

「無理だよ・・・嫁ちゃん以外の女って、全然興味もてない」
「もう・・・・」

「・・・・いい?」
「ん」

再び始まるピストン運動。
なんか何気ない会話の合間合間にセックスしてる二人って、
恋人同士みたいだと思った。

付き合いがある程度長くなってきたカップルのエッチって、
こんな感じだよな・・・

「最後ならさ、俺のお願い一つ聞いてくれない?」
「な、なに?・・・・あっ、あっ、あっ、あっ」

「本気の恋人としてやろうよ」
「なに、それ」

「恋人同士がやる時みたいにしたい」
「どうすんの?」

「愛を確かめ合いながらエッチするの」
「なにそれ・・・いやらしい」

「いいでしょ?今から始めるよ?」
「分かったよ・・・」

「嫁、嫁、好きだよ・・・」
いきなり名前呼び捨てにする学生君。嫁は結構引いてるのか、無言。

「嫁、愛してる」
「・・・・」

めげない学生君。嫁は答えないし、喘ぐのも堪えてる感じ。

だけどやっぱでかチンの本気には勝てないんだろうな、
少しづつ声が漏れてきてた。

「ん、ん・・・んんっ!」
「嫁、声我慢するなよ」
「ん・・・・んぁっ!んっ!んんっ!」

バッチンバッチンバッチンバッチン!
て思い切り肌のぶつかり合う音。

これはつまり完全に学生君の長いティンティンが
奥まで突き刺さってるって事だよな。
こんなん激しくやられたらダメになるわな・・・

「やんっ!もうっ!ああんっ!あんっ!」
「・・・・・」

バチバチバチバチバチバチッ!

「あ、凄っ!・・・やっぱ、気持ちいいっ!」
「気持ちいい?気持ちいいの?」

「あっ!あっ!やだっ!凄く、気持ちいいっ!あっ!あっ!あっ!あっ!」
「そんなに、旦那との寝室が、嫌なら、俺の、部屋、で、いいじゃん」

「あんっ!違っ、だからっ!そういう、事じゃ、なくて、ぇんっ!」
「大丈夫だからっ、絶対、大丈夫だからっ!」

ここでバチンバチンが無くなって、ギッシギッシに変わった。
そして変わった瞬間に嫁が一度イって、そのまま継続。

「あっ、ひっ!ひっ!ちょっ!・・・・ だめっ!あんっ!
ダメダメ!お願いっ!ああんっ!」
「ハァハァハァハァ」

珍しく一旦止める学生君。
「もう・・・本当に・・もう」

「嫁、愛してるよ」
「・・・・だめだよ、流石にそれは」

「俺の最後の頼み聞いてくれないの?」
「それは、ダメ・・・」

ギッシ・・・ギッシ・・・ギッシ・・・

「次からさ、俺の部屋でさ・・・」
「だからそうじゃない・・・あっ、あっ」

「・・・・」
学生君まただんまりでひたすらピストンピストンまたピストン・・・

「いやっ、もうっ、また、イっちゃう!」
「・・・・」
「あっ!凄いっ!あっ!あっ!あっ!あっ!いやんっ!
ああああっ!んんっ!・・・・くっ・・・・いっく・・・」

「・・・・ハァハァハァハァ」
「はぁ~・・・・ハァハァハァハァ」

二人でゼーゼー、だけどまだ射精していない学生君は
すぐピストン再開。

とにかく体力にものを言わせて
この日はずっとピストンしまくってたような気がする。

「だからっ!だからぁぁっ、」
「・・・・ん?なに?」
「か、壁・・・・薄いし・・・」

「え?俺の部屋の事?」
「・・・・」

「嫁、来てくれるの?」
「行かないよ・・・・」

「え?」
「・・・・」
「・・・・」

ギッギッギッギッギッギッギッギッギッギッ!
「あんっ、もうっ!深い・・・・」

「ああ、そろそろ、かも」
「あっ!あっ!ヤバい!ヤバい!私もっ!」

「嫁っ!一緒に!一緒にな!」
「あっ!もうっ!イキそうっ!イキそうっ!あっあっあっ!」

「おぁぁ、出るっ!出るっ!」
「う、私もっ!私もっ!」

「おおお、嫁!大好きだ!愛してるっ!」
「あんっ!あんっ!あんっ!あんっ!あんっ!
あんっ!ああああっ!あああああっ!」

「あ、愛してる!嫁!愛してる!うぉぉ!いくっ!」
「私もっ!イクッ!イクッ!イクゥゥッ!」

「うっ・・・うぅぅ・・・」
「はぁぅ・・あっ、凄っ・・・・あ、愛してる、私も、愛してるからぁ・・・」

「嫁、嫁、嫁っ!」
「学生君、愛してるゥ・・・」

もう二人とも、壮絶に果てていました。
嫁も何か言ってるし。これ、どうよ?

その後、時間後ないのか珍しく一回の射精で着替える学生君。
嫁はグッタリしてるのか、全く喋らない。

「もう時間ないからさ、行くね?」
「・・・・」

「あれ?・・・嫁ちゃん、ひょっとして泣いてる?」
「・・・」

「ねえ、嫁ちゃん?」
「うるさい・・・・ごめん、帰って」

「あ、うん・・・」
学生君が出て行ったあと、確かに嫁泣いていました。
鼻をズルズルさせて大きな溜息ついたりして。

これで終わり。
で、翌日の嫁からの終了宣言、となるわけです。
前編は以下のとおり
嫁は若い独身男とセックスしてます
嫁は若い独身男とセックスしてます 続編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続続編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続続続編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続4編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続5編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続6編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続7編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続8編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続9編
嫁は若い独身男とセックスしてます 続10編

今日仕事の合間に少しまとめた、最後の時のやつからね。
毎度の事ながら、寝室に入ってくるなりキス、キス、キス。

そして衣擦れの半端ない音がしたと思ったら、
これも恐らくお互いが相手の服をむしり取ってる感じ。

そのままフェラ音、だけど結構短くて、すぐにベッドのきしむ音と
嫁の「いやん・・」て声が微かに聞こえた。

ここまで二人が発した言葉はこの一言だけ。
その後すぐに挿入、途端に喘ぎ出す嫁。

この時点でいつも聞こえるコンドームの袋を破く音がない事に
気付く俺。まさか嫁に限って生はないと思うけど。

チュッ、チュッってキスの音だけ聞こえて、
ストンしてるような感じはなし。

またポルチオか?と想像。
ここでやっと学生君が喋った。

「こうやって抱き合ってるだけで幸せなんだけど」
「・・・・」

「嫁ちゃんの身体、メッチャ柔らかくて気持ちいい」
「・・・・」

ここからまた無言。正確には時折ヌッチャヌッチャって、
卑猥な水音がするだけ。

そっから五分位でやっぱ嫁がいきなりいき始めた。
ポルチオだよね、これって・・・・

ハァハァ言ってる嫁に核心を話し出す学生君。

「この部屋、今日で見納めって・・・・」
「ん・・・」

「やっぱ嫌だな」
「あきらめ悪いね」

「だってさ・・・」
「旦那にバレたらどうするの?常にそういう危険性あるの、
学生君は考えた事ある?」

「ばれないっしょ」
「皆そう言ってバレて大変な事になってるんだよ?」

「バレるの心配してるわけじゃないんでしょ?」
「なんでそう思うの?」

「何と無くだけど、嫁ちゃん、そんな事は気にしてないような気がする」
「じゃあ何でだと思ってるの?」

「俺の事が嫌いになったとか?」
「それはないけど」

「マジで?」
「好きでもないよ」

「え?なに?」
「別に最初から好きってわけでもないから」

「なんか、酷くね?・・・・」
「そう?でも私の事好きになっても仕方ないじゃない。私結婚してんだしさ」

「だとしても気持ち抑えられないし」
「そこは抑えなきゃ(笑)」

「嫁ちゃんにとって、俺って何?」
「え~、セフレ?」

「・・・・嫁ちゃん、何かあったの?なんかいつもと違うよ?」
「まあ、もう終わりにしなきゃだしさ。
誤解のないようちゃんと言っとかなきゃって思ってさ」

嫁のこの対応、ちょっと驚いた。なんか凄くドライ。

でも股開いて極太ペニス嵌めたまま言ってんだろうな
と思うとやっぱ鬱・・・

「嫁ちゃん、でも、ここ、これ、ここさ」
「あっ!ん、いやんっ・・・あっ、あ」

「嫁ちゃんのここまで届くのって、俺だけでしょ?」
「そう、だけど・・あっ!あっ!いやっ」

「本当に別れられるの?俺と」
「わ、かれる・・・てより、それ以前に・・・・付き合って、ないし・・・」

「旦那さんに抱いてもらってんだ・・・」
「ん・・・あ・・・あ、あ」

「俺のより小さいんでしょ?ここまで届かないんでしょ?」
「そ、そんな事・・・・ああっ!」

「いいの?本当に別れてもいいの?」
「あんっ!いやんっ!ああんっ!イクッ!」

「ダメダメ」
「・・・・・・・え?なんで?」

「勝手にいかせないよ」
「・・・・」

「ねえ?」
「な、何?・・・はぁぅっ!」

「気持ちいい?」
「あ・・・気持ち、いい・・あんっ!」

なんだかガキに翻弄される嫁に頑張れ!
と心でエールを送る俺。

copyright © 2009 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.