男性専用 寝取られ体験談

ここでは、「男性専用 寝取られ体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
嫁を後輩に寝取らせました 続31編
嫁を後輩に寝取らせました 続32編
嫁を後輩に寝取らせました 続33編

嫁、「ちょっと、いい?」と言いつつ、後輩を下に押し倒した。
丁度後輩が壁に寄りかかって、後輩の両足の間に
嫁が腹這いになる感じ。

ああ、これはまたやるんだな、と若干ブルーになりつつ
画面に釘付け。

嫁、後輩の上半身を這い上がるようにして上向いてチュッとキス。
そして後輩の首筋にキス、鎖骨にキス、という感じで
嫁からの愛撫が始まった。

チュッと音出してキスしたり、舌を出して舐めたり。
「うっ・・・やばっ」

「へへへ、気持ちいい?」
「気持ちいいよ、でもなんで?」

「お礼」
「なんの?」

「さっき、凄く気持ち良くしてくれたから」
さっきっていつだよ、とイラつく俺。

後輩の乳首を丹念に舐めながら、片っぽは指でクリクリと愛撫。
これ、かなり長かった。

そしたら後輩が「ん」と言って手を差し出した。
なにするんだこれ?と思うよりも早く、
嫁が後輩の指を含み始めた。

両手で後輩の右手を慈しむように持ちながら、
一本一本根元までしゃぶるようにしていた。
うっとりと目を閉じながら。

俺、嫁とバックでやってる時に後ろから嫁に人差し指
舐めさせることはあるけど、それはあくまで挿入中で
お互い気分が高まってる時にする行為のひとつにすぎない。

こんなふうに、指を舐めるためだけにさせた事なんて一度もない。

画面の中の嫁は、挿入中でもなんでもなく、
ただ単に後輩の指をしゃぶる事だけに集中しているみたいだった。

そして右手が終われば今度は左手指をしゃぶっていた。
10本全て終わると、嫁はまた恥ずかしそうに笑うと、
照れ隠しなのか、後輩のお腹に顔を埋めていた。

で、そのままぺろぺろと舐めながら、両手で後輩のパンツを下げた。

あー、今度はちんこ舐めるのかな、と思ってたら、
足の付け根とか太ももを舐め始め、ちんこは敢えて
避けるようにしてその周辺を愛撫

そして嫁が後輩の両膝を立てるように促すと、
そこに顔を突っ込んでおしり?裏腿?あたりを舐めてたみたい。

後輩、仰ぐようにして「あー、気持ちいい」と言いつつ、
携帯を手に取った。

その状態で電話をかける後輩。
そしてその相手は何と俺。朝の6時前の話。

喋り始めた時に嫁が気付き、愛撫を中断、
そして聞き耳を立てて相手が俺と分かったみたいで、
慌てて口パクで後輩に抗議していた。

でも後輩一切意に介さず、俺との会話続行し、
そして嫁の頭を押さえて愛撫の継続を促していた。

「すみません、寝てましたか?」 「当たり前だろ。なんだよ一体」
確かこんな感じで俺も会話していたはず。

嫁は半立ちの後輩のちんこを軽く弾くと、
膝頭を舐め始め、愛撫を再開した。

相変わらず後輩は旦那である俺と電話で話しているのに、
嫁はその後輩の両脚を愛撫している状態。

「先輩今日何時に帰ってくるんですか?」
「午前中には戻れると思うけど?なんで?嫁と会ってるから?」

「いやまあ、そうなんですけど」
「今まさか最中とか?」
「ははは」

こんな会話してる途中で、少し慌てる感じで後輩が電話切った。
その時は何でだ?と思ったけど、動画見て理由後が分かった。

嫁の愛撫がどんどん下に下がって行って、
なんと後輩の足の指を舐め始めたから。
これは凄くびっくりした、というかショックだったわ。

さすがに俺ですら足の指を舐めさせた事はない。
今まで付き合ってきた女にだって舐めさせた事はなかったし、
そういう発想も無かったし。

嫁が後輩の足親指を口に含んだ時、後輩は俺との電話を切ったんだ。
「ああ~、やっぱ凄え・・・」とマジで気持ち良さそう。

嫁は後輩の足指一本づつ、丹念に、指と指のあいだに
舌をねじ込むように綺麗にしながら舐めていった。

そしたらさっきまで半勃起状態だった後輩のちんこが
あっという間にフル勃起した
前編は以下のとおり
嫁を後輩に寝取らせました 続30編
嫁を後輩に寝取らせました 続31編
嫁を後輩に寝取らせました 続32編

後輩から聞いた事は後で書くとして、ひとまず動画を
見終えるまでの事。

動画の中の二人が再び現れるのは三時頃。
それまでの間に何度か電気が点いたり消えたりしたので、
なんらかの動きはあったと思う。

三時に部屋に戻ってきた二人は嫁はTシャツと下着のパンツ。
後輩は下着のパンツのみ。

普段の嫁は寝る時下半身はパジャマなんで、やっぱり
いつもと違うと言えば違う格好。

ベッドに入ってなにやるのかと思えば、二人して携帯で
ゲーム始めてた。 しばらくキャッキャしながらするものの、
後輩が先にダウン、布団被って寝た。

嫁は「寝るのー?」とか言って笑いながら後輩を非難。
後輩、ふざけながら「五分だけ、五分だけ」といいつつ、
どうやら本当に寝たようだった。

後輩が動かなくなると、嫁は上から覗き見て
「寝たの?」と可愛く聞くも、後輩無反応。

すると嫁、可愛く、でも大きく囁くように
「一晩中って言ったのに?」と言っていた。

その後暫く嫁は携帯を弄ってて、それで暫くして
灯りを半端に落として眠ろうとしてた。

動かなくなった二人をみて、動画を先送りしようとしたんだけど、
数分後に嫁が動き出したので、慌てて通常再生。

嫁、もう一度後輩の顔を覗き込むようにしてて、
暫く後輩の顔をジッと見ていた。 で、そのまま軽くキス。

そして今度こそ眠ったようだった。
これ一連の嫁の行動見て胸がざわつきだす俺。でも勃起。

ここから勃起させながら早回し。
全然動かない二人はマジで寝ている様子。

やっぱ一晩中なんて都市伝説だと確信しつつ、
ちょっと期待はずれ的ながっかり感に苛まれる俺。

動画に取られていないフロやリビングでの出来事が気になって
仕方なかった俺は、この時二台目三台目のビデオカメラを
マジで買おうかと考えていた。

そして5時過ぎ、後輩がムクッと起きて上半身起こしたまま、
ぼーっとして動かない。

寝ぼけてるのか、嫁の方をチラチラ見ながら
状況の把握に努めようとしているみたいだった。

すると嫁が目を覚まし、「もういいの?」と聞いていた。
これは、「もう寝なくていいの?」という意味なのか
「もうエッチしなくていいの?」なのかは分からなかったけど、
後輩はヘラヘラ笑いながら「トイレ」と言って出て行った。

嫁、灯りを少し明るくしてまた携帯弄り始めた。
後輩が戻って来ると嫁の布団の下の方が膨らみ、
同時に嫁がそっちの方見ながら「えー?」と言いつつ、
でも携帯を弄る手を休めない。

布団の盛り上がりがモコモコと上の方に上がってきて
嫁がクスクス笑い出す。

そして遂に後輩が顔を出すと、「何やってんの?」と笑いつつ、
でもやっぱり携帯を止めない嫁。

後輩がもう一度潜り、たぶん嫁の胸を弄り、
同時に嫁が擽ったそうにワハハと笑いだした。

もう一度顔を出した後輩と目と鼻の先で目を合わせ、
そして嫁は携帯を置くとそのまま後輩の頭を抱えてキスをした。

チュッチュと音を立てながらディープキス。
「んふっ、あふんっ、」と塞がれた口から漏れる声がエロ過ぎ。

キスしながら後輩が布団を蹴って床に落とす。
パンツ一丁の後輩が嫁の上に乗っていた。

嫁のパンツは脱がされており、Tシャツはズリ上げられていて、
後輩の胸板に潰されて横に広がっていた。

嫁は本格的に後輩の首に腕を回して、お互いクチュクチュと
顔を傾けて擦り付けるようにしてキスしてた。

キスしては顔を離し、へへへと笑ってはまたキスをする。

なんて言うか、俺はガッツリはめ合っているよりも、
こういう甘々な恋人同士みたいにイチャつく姿が心にグサッと来る。
嫉妬だよな。

copyright © 2009 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.