男性専用 寝取られ体験談

ここでは、「男性専用 寝取られ体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

半年前、付き合って間もない彼女とデート中に、
他の大学の俺の友人とバッタリ会う。

で、この時の二人の反応が妙な感じだったので、
その後彼女に聞くも、知ってる人に似てただけ、
初見だよ、との事。友人に聞いても知らないと。

その友人とはたまに会う機会があったんだけど、
こないだ酔った勢いで遂に白状した。
俺の予想は半分当たりで半分外れ。

俺は二人が過去付き合ってたのかも、と思って
たんだけど、友人曰く「セフレ」との事。

彼女は大人しくて物静かな人。
初エッチも付き合って三ヶ月もかかった。
ほぼ毎日会っててもだよ?

身持ち固いのかな、と思ったものの、
実はエッチは結構積極的で、そのギャップが
?という感じだったけど。

友人と彼女は、俺達が付き合い始める前に
セフレ関係にあった。

彼女が「ちゃんとした恋愛がしたい」と言って
友人を切り、暫くして俺と出会ったって感じです。

そして最近友人から当時の事を洗いざらい
聞いて、予て属性を感じていたものの、
ついにこの世界に踏み込んでしまった、
という事です。

元々は彼女が友人に告って始まった付き合
いとの事。あまりタイプではなかった友人が、
三度目の正直で「友達から」、という事で
付き合い始めた。

彼女は可愛いが、友人はややイケメンくらい。
中の上。しかも痩せててちよっと頼りない。

友達から、のはずが、好意を持ってくれている
女性に対してはガンガン行くタイプらしく、
最初のデートで初エッチ。

俺との時の三ヶ月を考えると、ちょっと信じられ
なかった。

友人曰く「俺のいう通りにしていれば彼女に
してくれると思っていた節がある」との事。
それから毎日セックスばっかしていた。

大学から戻る頃に部屋の前に待たせてセックス、
夜中したくなったら呼び出してセックス、
腹が減ったら彼女の部屋にアポなしで押し掛け
てセックス・・・

とても信じられなかった。
あの控え目で、エッチは積極的だけど毎日なん
か絶対にさせてくれない彼女なのに、と。

友人は「エッチの思い出しかない」と言っていた。
デートらしい事は一切していないと。

またその内容が酷い。
酔った友人は「あいつに言うなよ」と言いつつ、
薄ら笑いしながら全部吐き出した。

マジで一時間ぶっ続けのフェラ、青姦、ハメ撮り、
アナルセックス等々、俺はそれ聞きながら、吐き
気を催しながらフル勃起という不思議な経験をした

ただ、ゴムだけは絶対につけていたと言っていた。
「病気とか嫌だし」という理由。

お前が言うな、とは思ったけど。
ただ、出す時は飲ませるか、アナルの時は中出し、
と言っていた。

アナルセックスは嘘だろ、と最初思っていたけど、
妙に生々しい話は本当だと思わせるには説得力
があり過ぎだった。

「入れる時はうんちする時みたいにいきませると
スンナリ入る」とか、プロかよと思った。

あの彼女がそんな事するとは考えられない、
と言ったら、

「あの子も嫌々だったと思うよ。ただ俺にそれ
悟られまいと健気に感じてるフリしてたよ」だと。
兎に角友人の彼女になりたくて必死だったって。

友人はどうしても彼女に特別な感情を持つには
至らなかったけど、身体の相性だけは抜群で、
結局一年近くこの関係を続けたとの事。

一日二発で余裕で六百発以上はやっている、と
聞いた時は、俺の二十倍かよ、と泣きたくなった。
けど勃起もした。

最終的には彼女の方から別れを告げられた。

「別れてほしい、と言われた時に、今後もたまに
会えないか?と聞いたら、本当に忘れられなく
なるから絶対に嫌だ、と大泣きされたわ」との事。

この話聞いて凄くブルーになった。
前編は以下のとおり
嫁を他人の男に抱かせました
嫁を他人の男に抱かせました 続編
嫁を他人の男に抱かせました 続続編

佐藤さんが「それじゃ失礼します…」
と、ゆっくり嫁の中に腰をしずめた。
嫁「んっ、、、」と、ちょっと顔を歪ませた。

徐々にピストンを早める佐藤さん、布団で見えなかったが
嫁の胸を揉みながら腰を動かしているようだった。

俺「我慢しないで声出したっていいんだよ?」
嫁「我慢っ…してないよ…っ?…んっ…うっ…」

俺がベッドの脇から手を握ると、言葉とは裏腹に
力強く手を握り返してきた。
すると佐藤さんが顔を嫁の顔に近づけキスをしようとした。

嫁は少し顔を背け
「ごめんなさい…キスは…ちょっと…旦那以外とは…」
と言って拒否した。

佐藤さん「そ、そうですよね!調子に乗っちゃいました!すみません!」
と言い恥ずかしさを隠すように必死に腰を振り出した。

嫁のそういった気遣いに、無理をさせているんだという罪悪感
にさいなまれつつも、目の前の興奮に俺はのまれていった。

佐藤さんのピストンが早まる中、嫁も徐々に我慢できず
声が漏れてきた。

「あっ!んっ、、、あっ!…いやっ…こっち見ないで!
ちょっ…ちょっとおかしくなりそう…!」
嫁から初めて聞いた言葉だった。

毛布は剥がされてベッドの脇に落ちていたが、
そんなことは気にならなくなっていた。

佐藤さん「上になれますか?」 コクッと頷く嫁。
挿入を抜くことなく佐藤さんは嫁を抱えて体勢を変えた。

初めは恥ずかしそうに腰を前後にスライドさせるような動き
をする嫁だが、佐藤さんの両手が嫁の腰に回ると速く動かし始めた。

嫁「んっ、、、んっ、、、あっあっ!やっ…!」
佐藤さんが下から嫁の乳首をいじっていた。

しばらくその動きが続くと今度は佐藤さんが嫁の両足の膝を
持ち上げ、ちょっと品のないウンコ座りみたいな体勢にさせた。

そして、下から激しく突き上げ始めた。
嫁「あっあっあっあっ!んっ、、、あっあっ!い、
いっちゃいそう…!どうしよっ…!あっ!いくっ…!」

嫁は一瞬呼吸が止まり、そのまま佐藤さんの胸にペタンと
体勢を崩した。その間も佐藤さんはゆっくり腰を動かしている
ようだった。

嫁「旦那くん、ごめんね…」
何のゴメンかは解らなかったがこの場面でのゴメンは一番答えた。

無言のまま佐藤さんは嫁を起こすとバックの体勢に持っていき
スムーズに挿入した。

後ろから激しく突かれながら嫁は俺の手を離さなかった。
嫁「あっあっ!ねぇ…キスして…っ」

嫁がせがんでくる。俺がキスをすると嫁の方から
激しく舌を絡めてきた。ごもりながら、

嫁「んっ、、、んっんっ…あっ…!また、またいっちゃいそう!」
と言いながら片手を後ろにやって佐藤さんのお腹を抑えた。

嫁「ダメっ…!い、いくぅっ…!いっちゃう、、、!あっ!
あっあっあっ!…っいくっ…!」
嫁の背中が弓のように一瞬しなりまたくたりとベッドに倒れた。

佐藤さん「僕もそろそろそろいきますね」
正常位の体勢になり、嫁に話しかけていた。

最初とは違いいきなり速くピストンしている。
嫁の脚を抱えて奥まで入れるような動きだった。

嫁「そんなに、深く、、、あっ!いやっ…!んっんっ…あっ…!」
もう嫁も恥じらうことなく俺なんか見えていないような感じ方だった。

次第に佐藤さんは体勢を屈め乳首を舐めながら腰を動かした。
すると嫁の手が佐藤さんの頭に回り、何を勘違いしたのか
佐藤さんはそのまま嫁にキスをしようとした。

驚いたのは嫁がそれを拒否することなく受け入れたのだ。
佐藤さんの首に腕を回し激しく舌を絡ませ合っていた。

一番の衝撃だったかもしれない。
一瞬横目で俺を見たが目が合ったら嫁はすぐに
目を瞑りキスに集中するような素振りだった。

佐藤さん「もうホントにイキそうです!」
嫁「んっんっ、、、は、はい…!いってください…!
あっあっ…!んっ…!あっ…!」

最後の最後に佐藤さんは嫁の腰を掴んで激しく動かし、
そのままゴムに出した。

嫁は肩で息をしていたがハッと我に返ると、
恥ずかしそうに急いで毛布を体にかけた。

嫁「もー!あなたの顔見れない!恥ずかしい!」
俺「いや、めちゃくちゃ興奮したよ!嫁、ありがと!」
嫁に優しくキスした。

佐藤さん「あのぉ旦那さん、嫁さん、ホントにありがとうございました」
佐藤さんは自分の服を抱えてバツが悪そうにちょっと後ずさりした。

俺「いや、お礼が言いたいのはこっちですよ!貴重な体験できました。」
佐藤さんはペコリと会釈するとそのまま下に降りて行った。

嫁「約束守ってよね。ネックレス!!あと、こーゆーのは
もうホントに最初で最後だからね!」

つくづく可愛い嫁だと思った。
実は現在進行形なんだけどまたの機会にしておきます。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.