男性専用 寝取られ体験談

ここでは、「男性専用 寝取られ体験談」 を紹介しています。
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

先日、初めての3Pを経験したのでレポします。

俺的には「3P」というよりは、自身の寝取られ願望癖を
満たすためにずっと彼女を口説いていた。

ちなみに彼女は23才・顔はまずまず・Eカップ・
男性経験1人(俺ね)という感じ。

結構、時間かかったけど、つい彼女からOKが出たので、
某サイトの掲示板で募集。結果、何と30通ものメールが。

その中からメール交換の際、常に丁寧な文面が好印象だった
Aさん(30代前半)と会う事に。

初対面のAさんの印象は優しそうな人って感じ。

いきなりは・・・という彼女の希望を汲んで、
先ずは食事&軽く飲みへ。

Aさんは話題も豊富だし話術にも長けていて、
次第に彼女も馴染んできた様子。

やがて食事&軽飲みを終え、Aさんの提案でカラオケに。
Aさんは学生時代にバンドでボーカルやってたそうで、凄く上手い!

この時点でAさんと普通に談笑するほど、彼女もいい感じに。
俺は今がチャンスとばかりに「そろそろ・・」と誘い、
3人でホテルへ。

ホテルに到着すると、男性経験が少ないのが災いしたのか、
彼女が急に消極的に。

すると、Aさんが以前マッサージの勉強をした事があるので
(真偽の程は不明だけど)試してみる?と彼女に提案。

彼女も承諾してマッサージを受ける事に。

思いのほかAさんのマッサージはかなり本格的で、
いつしか彼女は全裸にされ、やがて性感マッサージへと移行。

肩から胸、すこしづつ下へ手が進んでいき、
やがて彼女のクリへ。

もうこの時点では彼女も大きなアエギ声を上げ、
かなり感じている様子。

Aさん「だいぶ濡れてきてるよ・・」
彼女 「恥ずかしい・・」

Aさん「恥ずかしがる事ないよ・・。
今度は僕のオチン×ン舐めてくれる?」

彼女 「ちょっと・・怖い・・。」
Aさん「じゃあ、ちょっと指で練習しようか?」

Aさんの指が2本、彼女の口の中へ。
そして、夢中でAさんの指を舐める彼女。

Aさん「もう大丈夫だよね」
彼女 「うん・・・。」

ついにAさんの大きなモノが彼女の口の中へ。

俺のモノしか知らない彼女が不器用ながらも
一生懸命にしゃぶる姿を見て、俺もフル勃起。

その後は、Aさんの巧いリードにより、なんとSEXを開始。

しばし彼女のマムコに出入りするAさんのチンコを見て、
寝取られ願望を十分に満たした後、
ついに我慢できなくなり参戦。

Aさん「見てごらん。彼氏も来たよ・・。」

彼女 「B(俺ね)ごめんね。ごめんね・・・。
でも、気持ちいいの・・。本当にごめん。」

俺  「俺が望んだ事だからいいよ。
こんな機会は滅多にないから、今日は楽しもう」

Aさん「そうだよ。3人で思い切り気持ちよくなろうよ。」

彼女 「うん・・。でもごめん・・。
ああ、でも、でも凄く気持ちいいの。なんだかおかしくなりそう」

その後は、もう無我夢中で、Aさん、俺で交互に
彼女のマムコと口を犯しまくり、2人も果てた・・。

今、思い出しても勃起する程、強烈な経験でした。
前編は以下のとおり
嫁を大学時代の友人に抱かせたけど
嫁を大学時代の友人に抱かせたけど 続編
嫁を大学時代の友人に抱かせたけど 続続編

嫁も顔を合わせ辛いのか、ずっと俺の腕枕で視線上げない感じ
嫁の告白はまだ続いた

「終わった後もう一回したいって言われた」
「やだなって思ったけど言えなかった」

「正直流されてたと思う。ごめん」
「でも本当やだなって思った。色んな意味で」

「でもすごいドキドキしてて、自分から口でしちゃった」
「それであんたから電話きてほっとした」

え?じゃあ電話した時フェラしてたん?
と確認出来なかった

確認するまでもなかったし、
胸になんかすごい刺さってもう何も言えんかったよ

「でも本当滅茶苦茶ほっとした」
そこでようやく嫁は視線合わせてくれた

にこって笑っててなんだか安心して泣きそうになった

「すごい興奮してたけど、それでもずっとあんたの事考えてた」
「ちょっと自分でもびっくりだった」

「もう家族になったと思ってたけど、
ちゃんと男として好きだったんだなって思った」

それで少ししんみりして
「またするの?」って聞かれて

すごい賢者タイムだし凹んでるわで
「うーん」って迷ってると

「ちょっと怖いかな」って言われたから
「じゃあやめよう」って即答した

その日はそのまま終わり

昨日改めて「何が怖いんだ?」って聞いた
「まぁエッチ中くらいは勢いで好きとか言っちゃうんじゃない?w」

「でもエッチしたら気持ちも移るってことも無いのか?」
「あんたがだらしないとそうかもねw」

その辺はしつこいくらい問いただした

「ないないないwあってもそん時だけでしょw」
じゃあ何が怖いんだって聞いた

「そういうんじゃなくて、刺激にしては大きすぎるみたいな?」

「じゃあ年に一回とかそれくらいならOKな感じ?」
嫁は答えず呆れ笑い
はいはいって感じでいなされた

その時は俺も勢いでそんな事言っちゃったけど
実際2回目あると躊躇しそう

でも今はまだ凹みの余韻が強いけど
ブレーキ利かせられるかすごい不安

ていうか自分で利かせられる人っていないと思うw

嫁も「でもまぁ・・・ぶっちゃけ自分がこんな流されやすい
とは思ってなかったなぁw」って言ってた

その晩から嫁の態度は少し変わったかな

俺も変わったと思うし
ベタなんだろうけど愛情表現しっかりするようになった

家族になってたのが男女を意識し直した感じ

昨日なんて会社にいる時
「ぶっちゃけあたしあんたの事好きだから」
「だからしんどかったらたまには仕事休みなよ」

なんてメールが来てトイレで泣きそうになったw
これでとりあえず終わり、良かった書ききれた

copyright © 2009 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.

Template by 無料ブログ