エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

俺が菜穂(中3)という娘の家庭教師をしていた頃の事。
ある日、菜穂の家に行くと母親の佳織が一人で家に居た。

「先生、上がって。」佳織は18歳で菜穂を産み、33歳。
桐谷美玲を少しグラマーにした感じの猫っぽい顔で可愛かった。

俺は佳織に会うのが毎回楽しみで、その日は二人きり
ということもあり、ずっとドキドキしていた。

菜穂が帰ってくるまでのこの二人きりの時間がずっと
続けばいいのにと思っていた。

すると佳織から思ってもないことを切り出された。
「先生、今日菜穂は戻ってこないんだけど、知ってたよね?」

「え?いや知りませんでした・・・」
と苦目のコーヒーを飲みながら返すと

「あのコったら、言ってなかったんだ。今日は学校行事で
泊まりで出かけてるのよ。」
それを聞いてからは自分を抑えるのに必死だった。

笑顔で接してくれる佳織の少し開いた胸元、後ろから見える
透けブラと形の良いヒップライン。

ソファで隣に座って香るほのかに甘い香り・・・
20歳の俺には我慢ができなかった。

「奥さん!!」俺はつい佳織を強く抱き寄せた。
目を丸くして驚く佳織。

「ちょっ・・先生・・」体を強張らせた佳織に抱きつくと
俺は夢中で香織の胸に顔を埋めて
「奥さんが好きです」と言った。

「分かったから!乱暴は止めてっ!!」
佳織は少し大きめに言った。

我に返った俺は手を止め
「すみません・・つい・・」と佳織から離れた。

佳織は「ふぅ~」と少し自分を落ち着かせると、
「先生、いけないことだよ。分かってる?」と言った。

「・・・」俺は答えることが出来ずに居た。
すると
「最後まではダメよ・・・手でしてあげるから・・・」
そう言って佳織は俺のズボンに手を掛けた。

すっかり縮こまっていたが、直接香織の手に包まれると、
俺のチンポはグングンと元気になった。

「まぁ・・若い、ふふっ」
佳織が少し微笑んだので、俺は少しホッとした。

佳織は片方の手で袋の裏側まで刺激しながら、
片方でゆっくり上下に動かした。
ガマン汁が溢れ出て佳織の手まで垂れていた。

「先生・・気持いい?」
「はい・・・凄い気持ちイイ・・」俺は素直に答えると
佳織は突然チンポを舐め始めた。

俺の目には佳織のエロい表情が映っていた。
「奥さん・・」と切り出すと
「佳織・・・って呼んで・・・」と佳織。

「佳織さん・・おっぱいだけ・・触ってもいいですか?」と言うと
「ちょっとだけね・・・」と言って胸を露にしてくれた。

形の良い巨乳で、張りもあり、俺は乳房を揉みながら乳首を指で摘んだ。
「ぁん・・」可愛い声が漏れる。

「キスしたいです・・」
俺がそう言うと佳織はフェラを止め俺にキスをしてくれた。

舌を絡めながら手コキされ、俺は一気に気持ちよくなり
そのまま発射した。

勢いよく飛び出た白い液体は舌を絡め合う俺達の顔まで
何度も飛んだ。

「ぁん、すごぉい・・」
佳織は俺の射精が終わるとティッシュで拭いてくれた。

「先生・・気が済んだでしょ?」と佳織は手を拭きながら言った。
今度は俺は甘えるように
「もっと触りたい・・・」そう言って佳織を今度は優しく抱き寄せた。

「もぉダメぇ・・」明らかにダメではない感じだったので、
俺は佳織のズボンのボタンを外しチャックを下ろし手を挿れた。

パンティがぐっしょり濡れていて、佳織は明らかにアヘ顔をしていた。
「先生、これ以上したら・・クビにするわよ・・・」
といいながら両脚が開いてくる。

「ズボン・・下ろしますね・・・」
ソファで佳織の正面に座ってズボンに手を掛けると、
腰を浮かせながら
「ダメだってばぁ・・・」とうるうるした瞳で俺を見つめる佳織。

ズボンを脱がす時にパンティを一緒に脱がせると、
俺は顔を突っ込み佳織のアソコを口で愛した。

佳織は俺の髪をぐしゃぐしゃにしながら喘いだ。
「佳織さんが感じてくれて嬉しいです・・」
俺はそう言いながら指でクリを弄りながらキスをした。

「んはぁ・・先生ダメだって・・それ以上したら・・・」
「クビですか?」

「・・・欲しくなっちゃう・・・」
佳織は一度発射して尚ガマン汁を垂らして勃起している
チンポを握った。

「挿れていいですか?」と聞くと
「ここではダメ・・私の部屋に来て。」
そう言って佳織の寝室へ案内された。

ベッドに倒れ込むと、互いにアソコをベロベロと舐めあった。

「先生・・すごい・・あんなに出したのに・・こんなおチンチン初めてよ。」
佳織は本能のままチンポをしゃぶった。

俺は充血した秘部から溢れる蜜を音を立てて舐め、
佳織の喘ぎ声を楽しんだ。

「佳織さん、俺もう我慢出来ない。」俺がそう言うと
「私も・・早く頂戴・・」と寝転んでM字に体を開いた。

硬く勃ちすぎて挿入が難しかったが、佳織が枕を腰の下に入れ、
サポートしてくれた。

メリメリと佳織の中に俺のチンポが入っていく・・・
何とも言えない感覚だった。

「ぁっ・・っはぁぁあ・・」佳織が体を捩って喘いだ。
それからは夢中で腰を振った。

何度も何度も「イクーッ!」や「死んじゃう~~」
という声を聞きながらも、2時間位ずっとお互いに腰を振った。

そしてその時は突然訪れた。ベッドに腰掛け佳織が向き合って
またがって、俺は佳織の乳房に顔を埋めて下から突いていたが、
佳織が自ら腰をくねらせ上下に動かした時だった。

「あぁーーっ!!」俺が声を上げて佳織をぎゅっと抱き寄せた。
その瞬間、全身を快感が襲った。

「んっ。すごい・・・ドクドク出てるわ・・」
佳織がそう言って俺にキスをしてくれた。

繋がったまま、俺は佳織を抱きしめてベッドに倒れ込んだ。
長時間勃起したままだったチンポはさすがにしぼみ、
自然と佳織の中から抜けた。

お互い疲労感で動けないまま、互いの性器を優しく愛撫し合った。
「佳織さん・・・俺・・クビですか?」と聞くと
「そんな勿体無いことしないわ・・これからもよろしくね・・・
でも菜穂には絶対内緒でね。」と微笑んだ。

その時は幸せいっぱいで、後に修羅場が訪れることは
想像もしていなかった。
(投稿者 MM)
誰にも言えないが、生中出しがどうにも止められなく
確実にわかってるので4人妊娠、そのうち2人が出産した

(産んだ2人は独身の37歳と既婚の30歳、
産まなかった一人は早期流産、一人は子宮外妊娠)

正直、種馬として少子化解消に貢献してる誇りを持って
子作り目的で女を漁ってます

独身37は童貞を捧げた女性で、当初はただの男女関係
だったが、彼女から

「子供ができず結婚に失敗した、こうなったら
とにかく子供がほしい、あなたの若い種がほしい」
と請われて、認知無しの約束で子作り目的の関係に発展し、
孕んだ状況だった

俺も若かったので行為の重大さをわからず気軽に受けたのが、
その後の性癖につながってしまった

若い種、とはいえ、契約してから妊娠まで1年ちょっと
かかったので、出来たとわかったときは号泣され、
こちらもとてつもなく感無量だった

彼女とはその後も子作りを繰り返したが
出来ないうちに大学を卒業して別れることになった

それで地元に帰ってもセックスというよりも
「女体の完全征服~子作り行為」という構図への
興奮をおさえられなくなり、

出会い系で漁った結果、数人の妊娠につながった

30の人妻も、旦那さんと同じ血液型だったので
「できても別にいいよ、子供大好きだから」

と完全に同意していた上の妊娠で、
そのあとの成り行きもそう変わらなかったので、
おろさず想定通り産むことになった

流産は38歳子持ちシングルで、
こちらは求婚まではされなかったが
結婚してほしいと思っていたかもしれない

子宮外妊娠は19歳で、さすがにかわいそうになり
若かったこともあったので、こちらから結婚をしよう
と持ちかけようとしたら、

過去にもう2回堕胎したと告白され、驚いてしまった

こういう人生に至って思ったのは
俺のような種をばらまく男はとんでもない性癖だけど
それを受ける女もすごい・・・と痛感した

30既婚もバツイチで2度目の既婚で関係してて
それぞれの旦那と子供を作ってるのに

俺との行為で
「好き好き好き好き好き!あなたが旦那さんならいいのに!」
と言い放ってて

こんなことを新旧の旦那さんが聞いたらどう思うだろう・・・
とあきれてしまった

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.