エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
コンビニオーナーの奥さんと頻繁に中出しセックスしてます

ザーメン飲んでくれましたぁ~!

「店長のオナニーが見たい」って何度も頼んで
ようやくOKもらい ラブホで「普段やってる通りの」
オナニーを見せてもらいました。

「めったに1人Hはしないんだよ」と言い訳しつつも
なんか凄いやり慣れてる感じのオナニーでした。

ベッドで服を着たまま始め、徐々に下着の中に手を入れ
少しづつ裸になっていくやり方で、声を出すまいとする姿や
微妙なタッチで乳首やクリトリスに触れる指先に興奮ww

終盤マンコに指を入れると中からトロ~リとマン汁が流れ出し
お尻の穴の方へ垂れていく様子に我慢できず
自分でシコシコし始めたらすぐ限界にww

「あぁ、出ちゃう。店長、口あけて舌出して!」に
何をされるか察していたでしょうが、

嫌がる素振りも無くぼくのザーメンを口で受け止め
全部飲み込んでくれ、チンコの中に残った液も吸い出して
飲んでくれました。

ぼくは相手の顔を見てるのが好きなので、中出ししてる瞬間
(こちらが気持ちよくて目を閉じてしまう時もありますがw)や
中出し直後の相手のイッてる顔、中出しされて戸惑ってる顔etc.
そんな顔を見るのが好き・・・

ってより征服感・優越感・背徳感などで興奮するんですよね~。

店長は薄っすら涙を流して気持ち良さそうな顔や
幸せそうな顔をしてくれるので愛しくてたまりません。

最初会った時「ちょっと好み」とは思ったらしいですが
飲み会の時そんな関係になるつもりでいた訳ではないそうです。

でも帰り2人で歩いている時、酒のせいもありムラムラ感は
あったとか。

なのでぼくが「カラオケ行きませんか?」と誘った時
(え~?Hなことされたりしてww)なんてドキドキ
嬉しかったそうです。

だから先を考えず(興奮させちゃお~)と身体を密着させ
甘えてみせたとか。

ぼくがKISSした時には既に自分が興奮して(しちゃってもいいや)と
思っていたので、お触りをし始めた時には頭の中で(絶対Hする!)
なんて決めてたそうですw

先日「どれくらいSEXしてなかったんですか?」と聞いたら
「十年くらい・・・かな?」と恥かしそうに答えてくれました。
超絶技巧の口技で、自分で確認しただけでも4人の男を
絶頂に導いた女子大生が引っ越した。

そして、背中の汚い太った工学部の男が入居した。

天国から地獄に引き摺り落とされた気分だったが、
なんと、部屋に彼女が来た。いたのか!彼女が!

しかも中学生みたいな、幼い体つきの、たぶん女子大生。
胸は小さいし、ヘアも薄め。一緒に風呂に入ってやがる!

あり得ない、あり得ない、あり得ないけど、ありがたい。

いつも通りの無防備状態で寝てくれよ。
カーテン半開き、明かりはつけっぱなし、パンツ一丁で爆睡の。

体つきは中学生とはいっても中身は女子大生。
H自体はごく普通でも興奮した!

さすがにカーテンは閉めたけど、相変わらずの半開き。
しかも窓際にベッドだから、動くたびに隙間が開く。
部屋の電気はつけたまま。

ドライヤーが終わったら、二人とも全裸になって、部屋の真ん中で
抱き合い、ぶちゅぶちゅキス。彼女は男の肉に埋もれる感じ。

ベッドに移動して、キスから胸、クンニ。
いたってシンプルなHの展開。男の体で半分見えない(笑)

あえぎ声はけっこう大きめ。
甲高い可愛い声で尾を引くような感じ。
ほっぺた真っ赤。

食い付くようにクンニ。
汗をかきながら舐める男。

「だめー!もうだめ。だめだょお!」とか
「ヤバい、ヤバい!もぉいいよぉ!」と言っても止めない。
10分くらいして彼女ぐったり。

それから、ゆるゆるとフェラ。
短く太めでコロンとしたチンポ。

彼女は大きめの口をしているので、(笑うと大きな口になるのが
可愛い) 太さは余裕な感じ。

くわえて、ゆっくり上下させるだけのフェラで5分もせず、
たぶん2分くらいでやめてゴム着用。

正常位だと、まぁ見えない。見えるのは汚い背中。
毛だらけの背中。汗だくの背中。

でも、サッシ越しでも、彼女の
「んー!んー!」って声は聞こえる。

ハイライトは騎乗位。男の腹で挿入部分は見えなかったけど、
彼女が前後に小刻みに腰を振りながら、男が彼女の両乳首
を親指の腹でくりくり。

レースカーテン越しに彼女の顔もばっちり。
目を閉じて、口は真一文字で、ときどき口を開くとあえぎ声。

もう一度、正常位で少し挿入して、最後はフェラで口内発射。
量が多かったらしく目を見開きながら「んー!」って言ってた。

男は飲んでって頼んだけど、彼女は首を横に振って、
最終的には自分の手に出して
「エローい!すごいね!」とか言われてた。
こっちは、本当に凄い量だったから驚いたよ。

そのあと、男はさっさと一人でシャワー。
彼女にも男の汗がしたたり落ちてたけど、
裸のままベッドでぐったり。

一人で手とあそこをティッシュで拭いて、
そのあと今夜2度目のハイライト。

彼氏がシャワー浴びてる間に、右手でクリを触って1人H。
うつ伏せでモゾモゾ触って、ほんの1分足らずで、
枕に顔を埋めて、体がピクピクって。

で、なに食わぬ顔で入れ替わりでシャワー。
男は、彼女の濡れたパンツ(水色)を見たり触ったり
してたけど、知らぬが仏。

シャワーから出てきた彼女はジャージに着替えて、
Tシャツとトランクス姿の男と寝ました。

男、相変わらずのイビキ。
久しぶりに、外で眺めてる時に勃起した。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.