エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

大学時代からの女友達なんだが、
ショッピングモールでばったり会って
久しぶりだからとカフェで雑談することに。

気付いたら閉店時間が迫ってきていて、
女友達が「あ、やば、私今日買わなきゃいけないものあるんだった」
と少し焦った様子。

このときはまさか下着だと思わなくて「何買うの?ついて行くよ」
と何気なく言ったんだが、
「明後日から旅行だから」とかなんとか珍しくはっきり言わないから

「え、なに?スーツケースとか?」って聞いたら
「もう、下着だよw ばかw」と顔を赤らめて教えてくれた

恥ずかしい想いさせて悪かったなと思うと同時に
ちょっと興味がわいてきてしまって ダメ元で、
「ごめんごめん、お詫びに俺が選んでやるよw 」
といったら

「もうw 下着屋さんに男の人いたら他の人に迷惑でしょ」
と女友達

まぁでも閉店間際だし他のお客さんいないかもしれないから
とにかく行ってみようということになり、
行ってみたら本当に他の人いなくてラッキー

そのまま流れでついて入ってしまった

ちなみにその女友達は胸は普通サイズだが
形は綺麗だなと前から思っていた

俺は初めて入る女性用下着屋さんにドキドキしていた。
心なしかいい匂いがする

女友達は慣れた様子でいくつか手に取ったりしていて、
ん?それはよく見るとEカップでは……

お前、Eカップなん?と聞くと「そうだよー、悪い?」
とあっけらかんと言われた

服着てたら普通に見えてもEカップくらいのブラしてる
女の子は結構いるらしい

「どういうのが好きなの?それは買わないけどw」
と聞かれ、自分の好みが知られるのも恥ずかしかったが、
素直に綺麗だと思ったピンク色の生地で
目立たない程度に花の刺繍があるやつを選んで手渡した

「え、それいいじゃん」と予想外の反応。
「なんか○○が選んだやつつけるのやだけど、
時間もないしそれにしよっかなw」
ということで、結局それを購入。

自分が選んだやつを拒否されなくてわりと嬉しかった。
しばらく立ち話してからその日は解散。

下着フェチとかではなかったんだが
その日は妙に興奮してしまって 、家でネットで似た下着の
画像を探してそれをオカズにオナニーした。

1週間くらいしてその女友達から
「この前は付き合ってくれてありがとう。旅行のお土産
渡したいから良かったらご飯行かない?」とLINEがきた

このとき既にその子のことを好きになりかけてるな、とか、
俺ってそんなことで好きになるとか中学生か、とか悶々としてた

当日、ご飯食べて少しだけお酒も飲んで
そろそろ解散かな、という頃に

「ねぇ、この前選んでくれた下着、一緒に旅行にいった
友達にも評判よかったよ」 と急にその話になった

「ああいう下着が好きなの?」と聞かれたから
素直に「うん」と答えたら
「もっかい見たい?」と小さめの声で聞かれた

何を意味してるのかさすがに大人だからわかった
もう一度うなづいて、そのまま近くのホテルへ直行。

部屋に入ってキスして、見せて?と言ったら
じゃーん、って笑いながらセーターとシャツをまくって見せてくれた

あのとき手渡したブラジャーに包まれたEカップが登場
ここ最近オナニーで何度も想像した光景を見れて感動した

次はこっち、といってスカートとタイツを脱がそうとしたら
向こうから腰あげてくれた

太ももがひんやり冷えていたから手で撫でてあっためて
あげてるうちに自然とパンティに顔を近づけたら
もう少し濡れて染みになっていた

女友達も俺のジーンズを脱がしてくれて69の体勢に。

なんとなくパンティを脱がすのはもったいなくて
ずらして指をいれたりクリを舐めたりした

女友達がゴムをつけてくれて挿入。
このときも脱がすのがもったいなくて下着はつけたまま。
彼女が下着をずらしてくれて隙間から挿入した。

何年も友達だった女の子とセックスをするのは興奮もしたし、
愛おしく思えて、いつもよりゆっくりと動かして楽しんだ

いくつか体位を楽しんだあとパンティは脱いで
立って向かい合って挿入。

キスしたり腰をぶつけあったりしてるうちに高まってきて、
最後は彼女の胸と顔を交互に見ながら射精。

お互いすごく恥ずかしかったが幸せだった。
ベッドで話しながら、ちゃんと付き合うことに。

付き合うきっかけが下着屋という少し変わった体験だった。
この前の体験が人生で一番エロかった。
飲み会の帰り、年下の先輩女の子を家まで送っていった。

お茶飲んで行きますか?って言われて、
あぁ、誘われてるな、と思ってまんざらでもなかったけど
お互い付き合ってる人がいるから流石に悪いなと。

でもこのチャンスを断るのも失礼だなと思って
なにを思ったか俺は
「それは遠慮しときます。でもチューだけしていいですか?」
と言ってしまった

先輩女子は「はい」とだけ。
少しの間があってから、お互い近づいてキスした

驚くほど暖かくて柔らかくて、こんな感覚始めてだった
30秒くらい、先輩のマンションの前で抱き合ってキスしてたと思う

「上手ですね」言われて思いっきり萌えた。
照れながら何度も何度もキスしてしまった

罪悪感と憧れの美人先輩とキスできたことで頭がぼーっとしてきた
「寒いんで、やっぱ上がりません?」と言われて
そのまま上がってしまった

部屋に入って玄関で再び思いっきりキス。
自然と唾液の交換までしてしまって、
それがまた美味しくて美味しくて。

股間をツーっとなでられて、完全にスイッチが入ってしまった。

あとはなだれ込むようにベッドイン。
「好きです、今日だけ、お願いします」「私も。誰にも内緒で。」

お互い敬語で身体を触りあって、たまらなく愛おしくなってしまった。
引き出しからゴムを出して、慣れた手つきでつけてくれた年下の先輩。

下半身に手をあてるともう大洪水で、キスしまくって、
身体中さわりあってるうちにナチュラルに挿入。

好きです、好きです、好き……
何度も言いながら腰を振り合っていろんな体勢で
思いっきり性欲をぶつけあった

最後は対面座位で乳首を触りあいながら、
腰をじっくり動かしあってるうちに射精感がこみ上げてきた

いいですか?きて……という合図のあと、
一番奥で思いっきり射精。

先輩の膣もぎゅーって搾り取るように収縮。

彼女とセックスするときは目を閉じて射精するのに、
先輩とは見つめあいながら、一回、二回、三回と放出。

先輩は幸せそうな顔してた。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.