エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

某サイト 都内 35歳男 178/70 既 厚かましくも向井理似

相手 36歳 自称OL 

ひょんな事から一緒にゴルフに行こうという話になり面接。
ゴルフ場の予約もしてくれるという。
さすが大人の女性は段取りが違うぜ。

まぁ負ける訳にはいかんので、
前日に300球ほど打ち込み、当日を迎える。

海ほたるで待ち合わせ。
アウディQ7でさっそうと現れる。 ほぼ写メ通り。

実年齢よりは若く見える。てゆーか超イイ匂い。
どうせなら1台で行きましょうという事で女性の車へ。

あぁ、車のデカさも価格も俺の負けだよ。クソッ
それぞれウェアに着替え、いざラウンド!

しかし、ゴルフウェアを着た女性は3割増しでかわいく見える。
いや、かわいいと言うよりは微熟女のやらしさ、妖艶さがムンムン。

ショートパンツからのぞく白い御御足は程よくムチムチ、
ピンクのポロシャツからのぞく二の腕も、
歳の割にはシミとかもなく綺麗だ。

ピチピチもイイけど、最近はこっちの方が好き。
絶対ヤリタイ!

ゴルフ後の汗まみれなまま、
シャワーを浴びずにヤリタイ!!

理想の展開としては、大差をつけて勝利し、
レッスンと称し、スキンシップを重ねていくありがちなパターン。

反応が良ければ19番ホールにINしたい。
が、このお方クソうまい。

後半はレディースティではなく同じ距離で勝負しても惨敗。
挙句、コース代から昼飯代まで出してもらう始末。

せめて夕食は俺に奢らせてくれ!
(アッチの方で奉仕させてくれ!!←心の声)
と言うと、

「子供たちのご飯作らなきゃだからまた今度ね~」
って鬼女かYO!

その日の夜に、楽しかったよん♪なんてメール来たけど、
俺は悟った。 男のプライドをスタボロにして悦びを得る女だと。

こんな人もいるんだね。
これまで数十人と面接してきたが初めてのタイプだわ。

二度と会うもんか!いや男を磨いて出直します。
ご馳走様でしたm(_ _)m
前編は以下のとおり
旅行先で年下の男の子達とセックス

あっという間に浴衣を脱がされて全裸にされました。
3人に全身を責められ、酔いのせいもありますが、
全身トロけてしまいました。

どこを触られても、喘いでしまいます。
「あん、気持ちいい、凄い、もっと気持ちよくなりたい、いっぱいして」
など、エッチな事を口にしていました。

男の子達も調子にのって、好き放題です。
体力もあります。

ワンワンスタイルで後ろから犯され、
口にもちんちんをくわえさせられ、胸ももみくちゃ。
こんなエッチは初めてでした。

年下だったので気を許していたのが間違いでした。
あっ、レイプとは思ってませんよ。
部屋に来た時から、少しは期待していたので。

彼らの部屋で2時間くらい、エッチしました。
そのあと、お風呂にいきました。

女湯で体を洗っていると、男湯の方から
「ricoさん、一人?」「そうだよ。」

すると、露天風呂の方から彼ら3人が女湯に入って来ました。
びっくりです。

「駄目だよ。見つかったら、大騒ぎだよ。捕まるよ。」
「ricoさん、またしたくなっちゃった。」

「駄目だよ。ここじゃ。」
「なら露天風呂(混浴)誰もいないから、あっち行こう。」

手を引かれて連れて行かれました。
「駄目だよ。人が来ちゃう。見られるよ」
「人が来たら、俺達が、ricoさん守るから」

キュンとしました。もう、好きにして下さいって感じです。
立ったまま、いきなり、ズブリです。

「アン、いきなり、駄目だよ。」
すぐにもう一人に口を塞がれます。

さっきと同じように、もう一人は胸を担当します。
「アン、これ凄い、好き。」
何か本当にレイプされてるみたいで、被虐感が素敵です。

「ア~ン、おかしくなりそう。好きにして~」
その直後、背中を反らせ、痙攣しながら、逝ってしまいました。
崩れ落ちました。

でも、まだ、つながったまま、ワンワンスタイルで突かれています。
もう、年の差なんて関係ありません。
完全に立場は逆転です。彼らのなすがままです。

露天風呂中に、パンパンと打ち込まれる音が響きわたります。
「Ricoさん、俺、逝きそう。中出しダメかな?」

「いいよ~。どこでも。ア~凄い、また逝っちゃう」
突き上げが一段と激しくなります。

「ア~逝く。」と唸ったあと、
子宮にしぶきが当たるのがわかりました。

間髪いれずに、同じように後ろから、はめられました。
また、パンパンなり響きます。
もう、頭真っ白で訳が分かりません。

「ricoさん、了解。逝くよ。」パンパン。
「ア~ン、また逝くよ~。」
また、アソコに熱いものを受け止めました。

最後の一人です。意地悪です。
湯船を前に仰向けに寝ころがりました。

「ricoさん、騎乗位。早く。」
私は、エッチな視線を浴びながら、彼の上に跨がり、
自分で挿入しました。

ブチュ、ブチュという音が聞こえたと思います。
胸がプルンプルン揺れてます。
そんな姿を見られて更に感じてしました。

そのあと、どうやって、部屋(彼らの)に戻ったかは、覚えていません。
次の朝まで彼らの、部屋で雑魚寝してました。

今日は1日フリーです。彼らとレンタカーを借りて観光地巡りです。
でも、予定にない行動で、着替えを持って来ていません。

元々、ユミと温泉入って、お喋りしてのつもりできたので、
下着だけを替えに持ってきただけです。
仕方なく、昨日仕事で、着ていたスーツ姿です。

彼らは、大人の女性って感じでエッチだといいました。
彼らが、まだ、性欲をもてあましてるのは、明らかです。

車の中で、胸を触られたり、スカートの中に手を入れられたりで、
私のあそこは、朝から洪水です。

みんなも、同じ気持ちだったのか、観光もそこそこに旅館に戻り、
昼間から、エッチ三昧でした。

昨夜、1度中出しを許すと全員、今日も中で出されました。
安全日だから、大丈夫と思いますが、
どれだけの精子を子宮に浴びたか分かりません。

でも、あの感覚は癖になりそうです。
若いって、凄いですね。素晴らしいです。

夕食は、今日は、大宴会場です。
土曜日という事で、大盛況です。

私は、彼ら3人の横に席を設けてもらいました。
食事は、ユミの分も用意されていました。断るのを忘れてました。

ユミの分を3人が分けてペロリとたいらげました。
やはり、若いって素敵です。

食事の後も、また、みんなに抱かれました。
次の日、お別れです。

3人に、またricoさんとエッチしたいと言われ、連絡先を聞かれましたが、
恋愛に発展するはずもないので、丁寧にお断りして帰ってきました。

今回の事は、ユミにも内緒です。
少しもったいない気もしますが、気持ちを切り替えて、仕事に専念です。
(投稿者 rico)

copyright © 2009 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.