エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

中学3年の夏休みの話…。
俺は友人の直人(1つ年上で高校生)の地元に遊びに行った。

直人の実家は漁師だが、この地域の海女さんたちは
昔ながらのふんどし一丁の裸で漁をしている。

彼の母親もなかなか肉付きが良く、成熟したおっぱいを晒しており、
勃起せざるを得ない俺…。

その母親の妹のマキさん(31歳)とその海女仲間の嘉代子さん(25歳)
と直人のお誘いで舟に乗って体験漁に出る事になり、
俺もふんどし一丁になった。

マキさんは女子プロレスのバイソン木村似で
豊満なボディとおっぱい…。

嘉代子さんは女優の叶和貴子にやや似ており、
わりとスレンダーな体型できれいなロケットおっぱいだ。

舟の上で、マキさんと嘉代子さんの裸体に総立ちの俺だが、
巨根がふんどしからはみ出ている。

マキさんは笑いながら「窮屈そうだから脱いじゃいな!!」
と言ったので俺はフルチンになった。

「凄~い!! 核弾頭みたい!!」
と俺のいきり立った巨根に爆笑するマキさんと嘉代子さん。

直人も興奮気味で鼻血を出していた。

沖の岩場に到着するとマキさんと嘉代子さんは
ふんどしを脱いで全裸になった。

馬のたてがみのようにワイルドな剛毛な陰毛のマキさん。
嘉代子さんの陰毛は布海苔のようにソフトな感じだ。

嘉代子さんは直人のふんどしをほどいた。
直人のチンポは小学生みたいな真性包茎で小さく先細っており、
皮を余していた。

一方のマキさんも俺の巨根をしごき始めた。
俺もマキさんの塩辛い裸体を舐める。

嘉代子さんの手扱きで直人は泣き笑いしながら
一瞬にして射精した。

俺はマキさんと抱き合って巨根を彼女のまんこに挿入した。
タフなセックスを展開するマキさんのテクニックに翻弄されて
敢え無く射精…。

直人も嘉代子さんと展開するがうまく挿入できなくて
一瞬で発射してばかり…。

「直人は意気地無しの包茎童貞だからここに呼んだのさ!!
俺君も参加できて良かったでしょ!?」とマキさん。

感謝する俺にマキさんは彼女の陰毛をおみやげにくれた。

数年後、大学生になった俺はマキさんと嘉代子さんと再会した。

久々にマキさんと、初めて嘉代子さんともそれぞれセックスできたが、
相変わらずの絶倫さには脱帽だった。
(投稿者 TaKashi)
16歳、3つ上のいとこのお兄ちゃんと付き合ってます。

先日、家を訪ねたら留守。
お部屋で待たせてもらえることになって、お兄ちゃんのベッドで
ごろごろマンガを読みながら待ってました。

お兄ちゃんの匂いの中でごろごろしていたら、
変な気分になっちゃって、下着の上からアソコを
ちょっとさわったら止まらなくなっちゃって、

やめなくちゃと思ったけど、下着もスカートも脱いじゃって、
シャツをまくって口にくわえて、胸をもみながらアソコに
中指をだしいれ・・・

いくっと思った瞬間に。
「マキちゃん入るよ」っておじさまが、麦茶をもってきてくれて、
ガチャって入ってきちゃった。

恥ずかしさがこみあげてきて、おじさまを見上げると、
おじさまの目つきがかわっていて、いつもやさしいおじさまなのに、
無言でせまってきて、両膝を割り広げられました。

恥ずかしいところが丸見えになって、
「いやっ、やめて」と必死に訴えたのですが、耳に届いていないのか、
アソコに舌をはわせてきました。

敏感なところを舐めあげられて、「あん。」と声がでてしまいました。

膝を押さえている腕の力はものすごいのに、舌の動きは繊細で、
ひだの奥に割入って、ふるふるふるえたかと思うと、
クリトリスをぬめりぬめりと包みあげて。

お兄ちゃんにもなめられたことはなかったので、びっくりしちゃって、
こんな気持ちのいいものなのかって。

必死で頭を押さえたんだけど、ますますエスカレートして、
最後にクリトリスをぷりんとなめあげられて、

「う、ううう、ふぅうううう。」
びくびく体をふるわせてイってしまいました。

「マキちゃん。」
おじさまが初めて声をかけてきたのですが、涙にぬれて、
応えができませんでした。

からだに力が入らずにじっとしていると、
おじさまはさらに体を重ねてきました。

今度は乳房にあの舌を這わせてきました。
このときはその動きがすべて目に入ってすごかったです。

おじさまの舌、すごく長くて、別の生き物みたいに左右に
やわらかく動いて、ぬめぬめひかって、乳首をぬろんと包み込んで、

そのまま細かく振るわされると、
「あ、ああ、ああ。」声を抑えることができませんでした。

私のおっぱいどんどんエッチになって、乳輪からぷっくり膨らんで、
乳首も小指の先みたいに固くとがって、ほんのりピンクに染まって、
声もなく、いやいやしていると、
おっぱいをなめあげながら、アソコに指をあててきました。

おじさまの指は畑仕事されておられて、ごつごつとふしくれだって、
太いのですが、すでに濡れ濡れの私の恥ずかしいところは、
いともたやすく受け入れてしまいました。

1本どころか中指と薬指をいれられて、私のアソコは
くちゅくちゅといやらしい音をたてて、どんなに声を殺しても
アソコの音は部屋に鳴り響いていました。

どんどん感じるところを探り当てられて、
もはや体はおじさまの刺激に応えるだけとなっていて、
あっという間に絶頂のふちにもっていかれました。

またイかされるのは、恥ずかしすぎると必死でこらえていましたが、
ひだの奥のざらざらした部分を細かく突き上げられて、
とどめを刺されました。

いや、見ないで、ああああああ・・・。」
大量の潮をふきあげて、いかされてしまいました。

絶頂の余韻からさめてくるといつの間にか、おじさまも
服を脱いでいました。おじさまのモノを目にして、びっくりしました。
お兄ちゃんのと全然違う!?

それは、お兄ちゃんのより一回り大きく、えらもがっちり張っていて、
黒々とそびえたっていました。

心の準備ができないままに、
「マキちゃん、入れるよ。」両足を抱え上げられました。

(えっ、うそっ、そんなの、入んない)
逃れようと腰を動かしましたが、効果もなく、
割れ目に亀頭が押し当てられました。

みちっ、ひだが押し広げられ、ゆっくり、
おじさまのモノが入ってきました。

「ぐっ、ふ、ううううう。」
圧倒的な存在感でわたしの中を蹂躙していくおじさまのモノを、
心とはうらはらに、私の体は受け入れていきました。

ゆっくり引き抜いて、抜ける寸前から、ぬるり、最奥に押し込む・・・
何度も繰り返されるうちに、私の思考はとろけて、快感にのけぞり、
声をあげていました。

おじさまの動きがだんだん速くなり、私は必死におじさまに
しがみついて、高みに登らされていくのを感じていました。
(投稿者 マキ(仮名)) 

copyright © 2009 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.