エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
中年のおじさんに全裸にされ舐められた後、処女喪失

そのうち、あのぶよぶよしたお腹が、また、恥骨に当たりました。
そして、おじさんが得意げな顔で、私の征服を宣言しました。

「無事に処女喪失・・・ひとつになる・・・」
なに、それって思いました。

やっぱり、カラダのなかに男の人を入れるのって、
すごいことなんですよね。
思っていたよりずっと悔しくて、痛いせいじゃない涙がでました。

でも、おじさんたら誤解しちゃったみたいで、
急に「ありがとう」とか、「感激してるよ」なんて言い始めるんです。

だったら、早く終わって自由にしてって、
そう言いそうになったけど、我慢して目をつぶりました。

おじさんが、ゆっくり動き始めました。
私のカラダも上下するから、なんとなく、わかりました。

でも、その度、あそこが痛むんです。傷口に塩を塗られるような感じです。

でも、同時に、気持ちよさも解りかけていました。
あそこの中って、学校の性教育では、なにも感じないって
教わったけど違うんです。

私、おじさんのおちんちんが動いているのがぼんやりわかりました。
そこから、気持ちよさが広がってくるんです。
痛いのとは、全く別の混ざり合わない感覚です。

おじさんも、気持ちいいみたいで、すごく息が荒くなってるんです。

大丈夫かなって少し心配になったけど、タバコ臭い息が嫌だったし、
ジンジンする痛みも消えなかったから、
感じ始めた快感に集中するしかありませんでした。

あそこの奥のほうから溶けてしまうような脱力感があります。
でも、その奥に、波打つように生じる快感は鋭くて、
お尻から背中を走り抜けて、乳首や頭の中にまで広がります。

カラダの中を走り抜ける快感は、おじさんの腰の動きに呼応しているようです。
だから、おじさんの動きが早くなると、苦しくてたまらなくなりました。

受け止められない快感って苦しいんだなって思いました。
こんどは、その苦しさが、どんどんたまってくるようで怖くなって、
それが、突然、なんか別のものになりそうに思えたんです。

ほら、膨らみ切った風船が爆発するみたいな、あんな感じです。
クリトリスでのオナニーでも、軽く逝くことはありました。

でも、だから、こんなのが破裂したらどうなるんだろうって、怖くなったんです。

なにかにすがりつきたい、そうしなければ、どこかに意識が
飛んじゃって、声を上げてしまいそうで、私、いつの間にか、
おじさんの肩に手をまわしていました。

ああ、これって抱きしめてるんじゃないんだって、妙に納得しました。

でも、おじさんの動きが、大きくなって、どんどん不規則になって、
私、ついていけなくて、痛いのと気持ちいので苦しくて、
もう、許してって、そう叫びそうになった時に、
突然、その苦しさから解放されたんです。

おじさん、なんか苦しそうにうめきながら、腰を押し付けるんです。
何度も何度も。その度に、おじさんの口から獣じみた声が漏れてきて、
汗が胸の上に落ちて、私、自分の汗と混じるのが嫌で、
おじさんを押しのけようとしたんですけど、放してくれないんです。

逆に、抱きしめられて、顔中キスをされて、
口の中に舌まで入れられちゃいました。

そのまま、しばらく、強引に愛撫されてるうちに、
おじさんのおちんちん、小さくなって抜けちゃったみたいで、
慌てて、わたしからはなれてティッシュを掴んで戻ってきました。

拭こうとした途端、おじさんが、嬉しそうにベッドを指さしました。
血がついていました。思わず、自分のあそこをみました。

白っぽい半透明の液体に赤い色が混じったものが
お尻のほうまで流れていました。

恥ずかしくて、哀しくて、おじさんと一緒にいるのが嫌で、
シャワーを浴びようと思って立ちあがったら、
また、あそこから、おじさんの精液が太腿に流れました。

でも、触るのが恥ずかしくて、知らん顔をしてバスルームに向いました。
もちろん、おじさんもついてこようとしたけれど、
「ひとりにしてください」って、そう言って中に入りました。

中で、太腿に触れてみました。ベタベタしてます。
指を近づけてみてみました。指は、思ったより濡れていて、
その中に血が混じっていて、白っぽいような、
でも、半透明のような塊も混じってました。

なんだか、ハイタ―みたいな匂いがしてきて、すぐにシャワーで洗いました。

怖かったけど、ゆっくり指を入れてみました。
セックスのときみたいな痛みはありませんでした。

でも、なんか、挟まっているような違和感が消えません。
友達が言ってたことを思い出しました。

「気をつけないと、エッチした後、ガ二股歩きになっちゃうよ」って。
あれって、本当かもしれません。

できるだけ奥まで洗って、からだも髪の毛も全部洗ってから、
バスルームをでました。

おじさん、待ち伏せていて、私を抱きしめました。
「もう一度、逢ってくれるよね」って、そう言いながらキスしてきました。

私、適当に合わせながら、急に思い出したように
「帰らなきゃ、怒られちゃう」って、そう言って、制服を身につけました。

あのおじさん、いい人だったんですよね、たぶん。
だって、すぐに、5万円を財布から出して、私にくれたんです。
それに、「送ろうか」って言ってくれたし。

でも、ちゃんとシャワー浴びなきゃだめですよって、
最後に我慢して、私からキスをしてホテルの部屋をでました。

5万円はね、募金しました。ちょうど、駅前で大震災の募金をしてたから。
募金箱を持ったおばさん、ずいぶん驚いてて、私の顔を、まじまじと見てました。

大学生の彼とのセックスや、売られた後のことは、
また、お話しますね。バイバイです。
(投稿者 茉莉)
私、16歳で売られたんです。
売ったのは、ママより10歳も若い、義理の父親でした。 
 
いやな男でした。当時、住んでいたのは父が残した戸建住宅でしたけど、
夜になると、二階の私の部屋まで、ママのよがり声が聞こえてくるんです。

わざと責めたてて、声を上げさせて、喜んでいたんだと思います。
あわよくば、私のカラダも狙っていたのかもしれません。

のぞき見して興奮するのってAVとかでよくありますよね。
実際、ママが留守の時に押し倒されそうになったことがあります。

怖くて暴れていたら、ちょうど、ママが帰ってきて、
あいつ、それっきり、とぼけたように家を出ていきましたけど、

私、服が乱れてて、少し破れてもいたし、
上手く取りつくろえませんでした。

ママのためにできるだけ秘密にしておきたい、
そう思っていたんです。それも上手くいかないし、怖いし、悔しいし。

でも、一番ショックだったのは、そのときのママの顔でした。
震える、わたしの肩を掴んで問い詰めてきたんです。

それは、娘を心配する母の顔ではなく、嫉妬に震える女の顔でした。
醜いって、初めて、ママにそう思いました。

それ以降は、ママが念押ししたのでしょう。
表立って狙われることはなくなりましたけど、
年頃の私が聞かなければならないママのよがり声は、
激しさを増しました。

私は、当然のようにセックスに興味を持ちました。
オナニーも覚えました。

もちろん、深く逝ったことはなかったけれど、
クリトリスを触っているうちに気持ちいいのが暴走して、
からだが動いて、頭がボーッとなりました。

ちょうど、その頃です。レンタルビデオ店でナンパされました。
大学生でした。付き合い始めてすぐにカラダを求めてきました。

嫌いではなかったけれど、それで、なんだか
さめちゃった部分もありました。カラダ狙いだって。

可笑しいですよね、いま考えると。
男なんて、女のからだ以外に興味があるわけないのに。

でも、その頃、かたくなだったから、
コイツにはあげないって、そう思いました。

で、どうしたと思いますか。私、売ったんです。もちろん、処女を。

掲示板に書き込んで、なんか、この人でいいかなって思ったのは、
中年のおじさんで、小太りで薄毛でした。

見かけはともかく、優しいおじさんで、夕食もご馳走になりました。
でも、ホテルに入ると、人が変ったみたいに強引になって、
私を、全裸にすると、おっぱいや、あそこに口をつけて舐めまわすんです。

初めは気持ち悪かったけど、目をつぶっちゃえばオナニーと同じでしょう。
しかも、初めて会う男に舐められてるんだから、
なんかすごくって、すぐに、感じ始めました。

おじさんも、感じた私が声を漏らすのが嬉しかったみたいで、
それから20分、3回くらい逝くまで、ずっと舐められちゃいました。

そのあと、私、もうぐったりしてました。
これで許してくれないかな。シャワー浴びたいなって。

でも、おじさん、いつの間にか、服を脱いじゃってて、
私に覆い被さってきたんです。

セックスするときの恰好って、なんか、醜いですよね。
仰向けにされて、足を広げられて、その間に男の人が入ってきて。

下から見上げると、おじさんの顔、汗ばんでて、目がぎらついて、
すごく醜いんです。私、思わず目をつぶってしまいました。

こんなことなら、あの大学生のほうがよかったかなって、
そう思いながら、ただ、仰向けに寝ていました。諦めちゃったんです。

恥骨の辺りにぶよぶよしたものが当たるんです。
気になって目を開いたら、おじさんのお腹でした。
おじさん、なんだか一生懸命で、おちんちんを握ってしごいてました。

いまなら、特に、大きいなんて思わないけど、
あのときは、こんなの入らないよって、怖くなって、
覆いかぶさってくるおじさんを手で押しのけようとしました。

でも、それが、逆に、おじさんに火をつけちゃったみたいで、
いきなり、股間に痛みが走りました。

押し広げられるあの感覚、それに、破れるって言うか、
切れるような、あの痛み、あれは、やっぱり、忘れられません。

私、叫んで暴れました。

でも、私の2倍くらい体重がありそうなおじさんが腰を進めるのには、
なんの抵抗にもなりません。

そのうち、あのぶよぶよしたお腹が、また、恥骨に当たりました。
そして、おじさんが得意げな顔で、私の征服を宣言しました。(次回へ続く)
(投稿者 茉莉)

copyright © 2009 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.