エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

同じ部活の仲間彼氏彼女いない男2女2でときどき呑んでた。

大学4年でそれぞれ就職で来年からみんなばらばらになることも決まり、
何となく頻繁に集まるようになってた。

みんな彼女彼氏ほしいなあとか常々言ってた。

ある日、もう一人の男Mがみんな恋人いねーし、
思い出作りにみんなでやっちゃわない? とか提案してきた。

最初はアホかとか言われてたが、その後、Mの家で4人で
呑んでたんだが、Mがパンツ1枚の格好で女Eの乳を触りだした。

Eもあんまり嫌がってないようすで、その後もう一人の女Yの乳ももみだした。
何すんのーとか言いながら、2、30分2人の乳をもんでいた。
オレはなんとなくそれを眺めていた。

その後、MはYと激しくキスしながら、乳をもんでた。
最初にいちゃついてたEがなんとなく取り残される感じになり、
Eはオレのとこに来て、体をくっつけはじめた。

オレも何となくでEの服に手をいれ、生乳をもみだした。
久しぶりにエロい感覚になり、すげえ勃起してきた。

気づくと隣でYはパンツ1枚でMから乳を吸われていた。
オレは久しぶりに見た女の裸体に興奮してきた。

オレもEを脱がし生乳を吸い出した。
気づくと2ペアとも69をしてた。

今まで4年間ただの部活仲間だった女2人が全裸になり、
お互い同じ空間でいやらしいことをしてる光景に興奮が激しくなってきた。

Mは仁王立ちになり、Yがフェラしていた。
オレは何となくこんなファンタスティックな状況をつくってくれたMに
ひそかに感謝だった。

Eに「なあ、ダブルで咥えてあげなよ」と促し、仁王Mのチンポに
YとMがしゃぶりつく格好となった。

仁王Mのご満悦な表情が見える。
そのとき、オレは初めてまじまじと2人の女の背中とケツを観察できた。

今までEとYの競泳水着姿ばかりを見てきた。
これまで、水泳部でともにがんばってきた気心してた仲間で、
エロの対象としては見ていなかった。

2人とも肩幅が広く、しまった体だ。
その2人が今、男の性器にしゃぶりつく獣と化している。

オレのチンポはカウパーだらだら、うしろから1人のマンコに
指入れながら、もう1人のマンコを舐めるのを交互にした。

男2人ゴムを装着し、オレはYに、MはEにそれぞれ正常位挿入。
その後、交代し、騎乗位 挿入中、YとEにレズキスしてもらった。

最後はバックでオレはY、MはEの中で果てた。

正直、久しぶりSEX+初めての相手、2人+初めての乱交+
しかも、部活の仲間2人の裸+2人の初めて見るいやらしい姿

どれもこれも初めての経験でとてつもなく興奮した。

後日、Mは大家から怒られたらしい。
行為中はすっぽり忘れていたが、女2人のけたたましい叫び声が
Mの防音不備のアパートから外に響きわたってたらしい。

Mはすげえ恥ずかしかっただろう。
もうあと1年なんで、引越しはしないらしいが、
近隣の人には目を合わせづらいらしい。
私は(恵美42歳、夫45歳・幸治、小6・駿、小4女・優)
子供のサッカークラブの代表をしています。

家族で交流のある舞(35歳)とサッカーのコーチの直樹(36歳)
小6・拓 、小4・美香 同じ環境の家族

毎週土日は子供とサッカーの練習と試合が繰り返しあります。
夏休みに入り、舞と美香が実家の都合で1週間早く帰省。
サッカーの試合が入り、2家族で試合に行った。

試合が終わり、車の中で
「子供どうしで泊まりにおいで、夕御飯ピザが良い」
とか話しているうちに泊まることになり、私の家で大人は宴会になった。

家も近いので、着替えと風呂の準備をして来るように言った。
家に来たので、子供を風呂に入れ、直樹をリビングで座らせた。

そのとき、夫に電話が入り会社に来るようにと連絡がきた。
夫が「2時間ぐらで戻るから先に宴会しといて」と言い出かけた。

子供はピザを食べゲームをしたりし8時過ぎには、
試合の疲れからか寝てしまった。

直樹を風呂に入るようにすすめ、入ったら脱衣所から戸を開け、
「脱いだ服は洗うから」と言った。

「出たら、リビングで飲んでいて、私も入るから」
と、白のノースリーブにノーブラ、ピンクのショートパンツ。
パンツの生地が薄いため、パンティが透けてる。

横に座り飲み始め次第にエロい話になった。
ノースリーブの隙間からは乳首が見えてたと思う。
直樹のペニスも大きくなりはじめた。

「エッチは月・週に何回するの」と聞いた。
「週2・3回」と答えた  

私は「いいな~ 私は月2回、少なすぎでしょう・・・」
直樹の下半身の変化を確認し直樹のペニスを擦りはじめた。

直樹もスイッチが入りキスをし舌をからませ、
ノースリーブを脱がせ乳首を吸い、
私は直樹の短パンとパンツを一緒に脱がし、
直樹は自分でTシャツを脱いだ。

私のパンティを脱がし、リビングの床に横になり手マンをはじめ、
直樹は中指で膣の中をいじりながら、ポイントを見つけて攻め始め、
私の感じるポイントを見つけて、クリと膣中を攻めつづけ、

「ダメ壊れちゃう・・おかしくなりそう・・・・・」と言った瞬間
カラダが震えながら、何かがアソコから出た。

私は震えが落ち着き、
「こんな感じ初めて・・・これが、潮を吹いたって言うの・・・・」

それから直樹がバックで挿入して腰を振り出したら、
夫から電話が入り、
「1時間したら帰る」と言われた。

バックで2回逝き、「正常位で抱きしめながらして」と要求した。
「逝きそう、中で出して」と言ったら迷っていたが、
私が足で挟み抜けなくして中に出させた。

夫が帰るので風呂に行き、お互いに洗いあってリビングで待ち、
連絡先を交換した。

2.3分後に夫が帰り、また宴会を初め、夜中の2時までして寝た。 
それからは、月1ぐらいで関係を持っている。
直樹の妻の舞には悪いので、優しく接している。
(投稿者 恵美子)

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.