エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

前編は以下のとおり
姉妹で温泉旅行中、男性二人に
姉妹で温泉旅行中、男性二人に 続編
姉妹で男性二人と乱交して中出しされました

二人とも妹たちを見ていたことで興奮していて、
すぐに服を脱ぎ全裸に。

オッパイを揉まれ、大事なところを指で触られて
《わぁ~。もうこんなに濡れている》

男性に言われると恥ずかしくて両手で顔を隠しました。

私の中に指を入れられて、
「アァ~ッ!イイ~」思わず声が出てしまいました。

隣のベッドの男性が、
「もう入れるよ」

すると妹の、
「イイわ。キテェ~ッ!」

仰向けの妹の中に男性が入っていきました。

私もガマンができなくなり、
「早く、早く入れてぇっ!」
男性のお尻を抱きながら、腰を浮かせて男性を受け入れました。

初めから凄い勢いで腰を動かされて、
「ダメ~ッ。感じちゃう!」

声を上げると、男性が自分の唇に人差し指を立てて
《シ~ッ!》

「隣の部屋に聞こえると面倒なことになるから」
私は両手で口を押えました。

横を見ると、
「イッちゃう。イッちゃ~う!」

妹が男性の上に乗っていて、下の男性から
腰を突き上げるように上下に動かされ、
それに合わせてのお尻を動かしていました。

「自分。中に出しま~す!」
そう言うと、男性の腰の動きが止まり
妹は男性に抱きつき、射精されたものを受け入れていました。

その間に私は這う格好にされて、後ろから男性を受け入れていました。

そして、腰の動きがさらに速くなり、私が手で口を押さえて声を殺しながら、
「もうイク~ッ!」すると私の腰に抱きついて。

「自分も、中に出します」
腰を小刻みに動かして
《ウゥ~ッ!》小さく唸り声を上げて射精しました。

そして、私から離れて私の大事なところから溢れた自分の液体を見ながら、
「俺。溜まっていたので、メッチャ出ました!」

妹の横にいた男性も、
「俺も。ホラッ!」

妹を立ち上がらせると、妹の太腿の内側に射精した液体が、
大事なところから流れ出たのを見せました。

妹とシャワーを借りて下半身を洗い流して戻ると、いきなり、
「じゃぁ~。交代」

妹のところにいた転勤する男性が、私の手を引いて椅子に座り、
その前に私を正座させて、男性自身を私の口元に差し出して
咥えるよう言い、私の口の中に入れました。

すると見る見る硬く大きくなり
《俺。回復早いのが自慢です》

私を後ろ向きにさせて、男性の腰に座らせるようにして
私の中に入ってきました。

私のお尻を両手でつかんでパチンパチンと音を立てて
下から突き上げられました。

「まだ大きくならないの」
妹の声が聞こえて、隣を見ると男性自身を握り、
手を動かしながら男性の胸のあたりを舐めていました。

すると男性が《よーし!》そう言って仰向けになり、
妹は上に乗って、男性を受け入れお尻を動かし始めました。

それから私はテーブルに手をつき、お尻を突き出す格好にされて、
男性の腰の動きに合わせてお尻を動かしていました。

男性の動きが速くなり、私の両方のオッパイを強く握ると
腰の動きを止めて私の中に射精して、
「やっぱり。中出しは、チョー気持ちいい!」

そう言って椅子に腰かけて、私を膝の上に乗せてから、
ベッドの方を指さしました。

見ると、ベッドで男性を仰向けにした妹が男性自身を握って
股間に顔を沈めて《ジュル、ジュル》と音を立てて、
顔を上下にさせていました。

それは先ほど男性たちから聞いた風俗でのサービスと同じで、
そのうちに男性の腰が浮きあがり、
妹の頭を両手でつかむと身体を九の字にしました。

「イッパイでたね。エヘッ。飲んじゃった!」
妹が悪戯っぽい声を出して言いました。

時計を見ると12時近くなっていて、シャワーも浴びず、
急いで身支度をして妹とタクシーに乗り家に帰りました。

タクシーの中で妹が《お姉ちゃん。また二人だけの秘密できちゃったね》
私は人差し指を口のところへ持っていき
《シィ~!》としてから頷きました。

家に着くと、誰も起きていなかったので、
そっとシャワーを浴びて、私の中を綺麗に洗いベッドに入りました。
(投稿者 37歳主婦、妹32歳主婦)
前編は以下のとおり
姉妹で温泉旅行中、男性二人に
姉妹で温泉旅行中、男性二人に 続編

1ヶ月後。妹から、

《お店に来ている業者さんの人から、転勤になるのでその前に
と、食事に誘われて。二人だけで行くのは困ると返事をすると、
友達を連れてきてください、業者の人も、もう一人連れてくるので、
四人だとどうですか?》

こんな話になって、私が一緒に行くことになりました。

当日、待ち合わせ場所に行くと30歳くらいのスーツ姿の
イケメン男性が二人いて、妹がその一人に話しかけて、
私を姉と紹介しました。

その男性が、もう一人の男性が同じ会社で、出張で来ていたので、
今日一緒にさせてもらいます、と紹介を受けました。

それから居酒屋に。
男性二人とも独身で彼女がいないと。

営業をしていることもあって、話題も豊富で
私たちは楽しむことができました。

転勤する男性は、妹のことがタイプで
以前から食事に誘おうとしていたのですが、機会がなくて、
いよいよ転勤が決まって意を決し誘ったと言ってました。

また、私のことも「綺麗な方で、本当に今日は良かった」
とまで言ってくれました。

《結婚して子供までいるおばさんをからかってはダメです》
照れながら答えましたが、本心では嬉しく感じました。

そんなことから二次会のカラオケにお誘いを受けた時には、
ためらうことなくOKしました。

お酒を飲んで上機嫌になっている私は、
男性の上手な歌に合わせてチークダンスで抱きしめられると、
思わずキスを求めてしまいました。

妹は男性の身体を触り逆セクハラ。
あっという間に時間が過ぎて、お店を出る時間になりました。

時計を見ると10時前。《もう少し飲みましょう》
転勤になる男性が言い、私たちも頷いて答えました。

《それじゃあ、僕が泊っているホテルの部屋でいかがですか?
コンビニでお酒を買って持ち込むと安く済みますよ》

出張中の男性から提案され
《部屋に連れ込んで、変なことしないでくださいよ!》

妹が悪戯っぽく言うと《もちろんです》
男性たちが声を揃えて返事しました。

コンビニに寄ってからホテルにコッソリ四人で入りました。

部屋はツインルームで、結構広くて、私と妹は一つのベッドに座り、
男性たちは椅子に腰をかけて、お酒を飲みながらお話を始めました。

内容はエッチな話題が中心。

男性たちの風俗でのこと、
《男性の全身を舐める、お尻の穴に指を入れて刺激する、
フェラは音を立ててする、スマタという行為など》

私と妹には始めて知ったことばかりで、興味津々で
話を食い入るように聞きました。

家庭のことを聞かれている時に妹が何気なく、
《私は、今は子供欲しくないので、ピル飲んでいるの。
お姉ちゃんは、もう子供を作らないのでピル飲んで避妊しているの》

余計なことを言うと、男性たちの目の色が変わりました。

転勤する男性が、妹の横に座り
《カラオケの続き~!》と抱きつきキスをしました。

「イヤァ~ン。変なことしないって約束したのに!」

口で拒んだのですが、腕を男性の首に巻きつけて舌を絡めると、
そのままベッドに押し倒され、

セーターを首のところまで上げられてブラジャーの上から
オッパイを揉まれました。

私は椅子に場所を移しもう一人の男性とベッドの上の
二人の行為を見ることに。

すると妹は上半身を裸にされオッパイを吸われながら、
スカートを脱がされ、男性の頭を抱いて感じています。

その時、私の横にいた男性が私の手を引き、
もう一つのベッドに連れて行き、
横になると抱き合いキスをしました。

二人とも妹たちを見ていたことで興奮していて、
すぐに服を脱ぎ全裸に。(次回へ続く)
(投稿者 37歳主婦、妹32歳主婦)

copyright © 2009 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.