エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

今はなくなってしまったが、豊○市の病院に俺が入院した時の話。

その病院には隣に寮があり、見習い看護婦さんが
昼間は看護学校、夕方から病院で働くという感じだった。

俺は20才の大学生だったのだが、入院患者は若い男が
少なかったこともあって、看護学生たちは個室の俺の部屋へ来て、
いろんな話をしてくれた。

最初、俺は重病患者だったからICUに入っていたのだが、
その時に歯磨きを手伝ってくれたり、タオルで体を拭いてもらったりして、
個室へ移った時には、若い見習い看護婦さん達も気さくに話せる仲になった。

そのうちの一人、背が低くてものすごく子供っぽい見習い看護婦さんが
俺のことを気に入ってる、という話を別の見習い看護婦さんから聞いた。

俺はどちらかというと、そのことを教えてくれた見習い看護婦Tさんの方が
気になっていたので、「ふぅ~ん」って感じ。

「ところでTさんは彼氏はいるの?」
「寮に入って看護学校通ってたらそんな出会いの場なんてないよ」

「そうなんや... じゃ、忙しくて彼氏は今はいらないのかな...?」
「そんなことないよ!」

この時、ベットに寝ている俺と目がバッチリ合ってしまった。

夜中の病院の個室で二人っきりという状況だったし
お互い意識してたのはわかったいたので、Tさんの手を引っ張った。

寝ている俺の前にTさんの顔が近づき、俺が顔を近づけると
自然な流れでキスしていた。 少し舌を絡めたキスの後の会話。

「Mさん(俺)は彼女は...?」
「いないよ。」

「じゃ...、あっ、でも、Sちゃん(子供っぽい見習い看護婦)はどうしよう...」
「しばらく黙ってればいいんじゃない?」

「...うん」
こんな感じで、入院中にTとの付き合いが始まった。

俺の病気は日に日に回復し、歩いて病院の屋上で
Tとこっそり会ってキスしたり、胸を触ったりしていた。

Tが夜勤だった時、夜中に俺の個室へやってきて、
話をしていたらエッチな方へいってしまい、
俺のチンポを初めてしゃぶってくれた。

さすがにエッチは出来なかったが、この時はかなり興奮した。

1ヶ月の入院生活の後、俺は無事退院した。
その日はTが看護学校へ行っている間に病院を出た。

まだ携帯もない時代だったので、何も言わずに退院したのだが
その日のうちにTから自宅に電話があった。
病院のカルテを見て、自宅の電話番号を知ったようだ。

「何でなにも言わずに退院したの?」
「まだ通院はするしな... 誰かに気付かれたらマズイのかな...って思って」

「そうか...だったら安心したよ。もう会えないかと思った。」
「そんなこと考えてたんだ...」

「うん... 急にいなくなるから... でも退院出来たんだし、よかったね、おめでとう」
「おぅ、ありがとう。」

「ねぇ、明日はどうしてる?」
「明日は久しぶりに大学行くけど、夕方には帰ってくるけど...」

「私は明日は学校だけなんだ...会える?」
「そうか... 何か色々あったけど、まだデートしてないもんなぁ...」

「そうだよ... 会ってくれるの?」
「もちろん!」

こんな感じで初デートすることになった。

その日は駅で待ち合わせ、食事をして店を出た。
自然とホテルへ行く雰囲気になり、ラブホテルへ。

病院の個室では、胸を触るまでで、裸のTを見たことはなかったので
キスから服を脱がせて、全裸にした時にはかなり興奮した。

Tは細身で胸はBカップくらいだった。
乳首を転がしながらパンティーの上からクリを擦っていると
切ない喘ぎ声をもらし、パンティーにやらしいシミが出来ていた。

パンティーを下すと、濃い陰毛が現れ、その下のおまんことパンティーは
糸を引くほど濡れていた。

Tはすごく恥ずかしがっていたが、乳首を両手で転がしながら
クンニを始めると、かなり感じてしまったようで、喘ぎ方がすごかった。

「あー、もうダメ、いっちゃう...」
体を硬直させ、Tはイッてしまった。

「気持ちよかった?」
「すごく気持ちよかったよ...恥ずかしい...」
そう言って、今度は俺のチンポをフェラし始めた。

俺もかなり興奮していたので、フェラを中断させ、ゴムをつけて
Tの足を広げて、グショグショのおまんこに擦りつけ、挿入した。

その時、Tは何か言いたそうにしていたが、かまわずズズッ...
ヌルヌルにはなっていたが、かなり締りのいいおまんこだった。

でもTの表情はクンニの時とは違い、少し痛みに耐えてる感じ...

「もう全部入ってるの...?」
「え? うん、ほら、すごく濡れてるから... いっぱいするぞ!」

「優しくして... 初めてなんだ...」
えぇーマジですか~!?俺はかなり驚いてしまった。

Tは高校を卒業して半年ほどの18才で、バージンでも不思議ではなかったが...
その割りにフェラもしてくれてたし、すごくよく濡れるおまんこだったし...
確かにクンニする時の恥ずかしがり様は、ちょっと、えっ?だったが...

「いいよ... して... 優しくして...」
「うん。」

気持ちよかったが、結局、俺はいかなかった。
チンポを抜いた時、シーツにもおまんこからも血が付いていた...

その後、Tと半年ほど付き合った。
俺が大学のサークル仲間で飲みに行ったり、遊びに行ったりしたことが、
忙しいTにとっては羨ましくもあり、かなりヤキモチを焼くようになった。

その都度、「私、バージンだったんだよ...」
これが、俺には重荷になり、結局別れることにした。

あれから10数年、Tは今頃どうしてるのかな...と思ったりする。
俺が25歳の時、高校卒業して新入社員で入ってきた18歳の女、
大人しくて可愛かった。

男と付き合ったことがないので、男の免疫が全くなかった。

同じフロアで色々教えてあげることも多かったが、
男とあまり話したことがないせいか、最初は、よそよそしかった。

新入社員歓迎会や飲み会などを重ねると、
徐々に打ち解けてきて色々話をするようになり、
二人だけで食事をするようになった。

休みでも逢うようになり、キスをするまでに3ヶ月かかった。
それから3ヶ月後、ついにラブホまで行く事ができた。

最初のラブホは、彼女の誕生日、誕生日のお祝いをしたいから
とラブホの一番いい部屋を予約を入れた。

露天風呂がありベランダからは夜空と海のせせらぎが聞こえる
綺麗な部屋。

ケーキとシャンパン、シャンパングラスとプレゼントを
解らないように大きな袋に入れて、部屋に持ち込んで、セッティング。

星を見ながらの誕生会に彼女も感動してくれた。
しばらくして、ベッドへ促すと小さく頷いた、

彼女をお姫様抱っこして寝室へ行くと、彼女が
「シャワー浴びていい?」
「うん、いいよ、一緒に入っていい?」

「えぇ、だめ、恥ずかしいからダメ」
「大丈夫、大丈夫、電気消すから、見えない見えない
一緒に入ったほうが時間短縮できるでしょ、先はいっていいから」

先に風呂へ入らせ、後から風呂に入っていった。

暗いといっても全く見えないわけではないので、
彼女が湯船に浸かって居るところへ入っていって後ろから彼女を抱いた。

恥ずかしさからか身を縮める彼女。
後ろから唇を重ねると目をつむったままの彼女。

耳元で「すごく綺麗だよ」と囁くと「うれしい」と彼女。
備え付けのバスローブを着せて、ベッドへ

彼女が処女なのはわかっていたので、バスタオルを2枚持ってベッドへ。

布団をかぶって横になる彼女、バスローブの中へ手を滑り込ませ
張りのいい胸を揉むと小さく悶え声を上げる彼女、
唇を重ねながら両手で胸を揉み乳首をつまむ。

恥ずかしさからか感じてか体を硬直させる彼女。

キスの仕方も全く知らない彼女に舌の絡ませ方も教えて、
舌を入れると、教えられたとおり必死に舌を絡ませようとする
ぎこちなさが可愛いかった。

手をマムコヘと滑らせマムコを弄ると、
「ダメ、感じちゃう」とマムコを弄る手を抑えようと必死な彼女。

首筋から胸、お腹へと舌を這わせ股間へと股間に顔を埋め
両足を広げマムコをしゃぶると
「ダメ、汚いから、ダメ、感じちゃう」

充分マン汁が溢れたのを確認して、硬直したチムポを押し込んだ。
「ウッ」と声を漏らすと体を硬直させて我慢する彼女、

手で顔を覆い、
「いっ、痛い、」
「大丈夫、ちょっとだけ我慢して」

彼女を抱いたまま耳元で囁きながら奥へと押し込むと
侵入を拒絶するかのようにチムポを絞め付けるマムコ。

無事貫通。
マムコからは処女の証が流れ、目から涙を流す彼女。

「大丈夫?」
「うん、大丈夫、ちょっと痛くって涙が出ちゃった」

本当に処女とやるのは、めんどい
一応初めてだから、嫌な思い出にはしちゃいけないだろうな、
と気を使うし、とりあえずいい思い出にしてあげようと
シチュエーションを考えたり。

最初はそれも楽しみだったが、さすがにめんどくさくなった。

copyright © 2009 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.