エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

まだ他の社員が出社して来てない時間帯に
受付の女の子(会社№1美人)が、 ショール
ームを掃除機かけてた。

俺がその後ろを通った時に目に飛び込んで
きたのが、スカートの腰から尻にかけてパッ
クリ開いたファスナーの中の光沢のある
薄ピンク色。

そのまま自分の席に戻って来てからも
どうしようかと迷ってたが、このままだと
これから出社してくる男達の目に晒されて
彼女が恥かくだろうなということと、

こんなラッキーは自分だけのものにして
おきたいという両方の気持ちで意を決 して
伝えることにした。

普通はうしろのファスナー空いてても、イン
してるブラウスで見えないはずだが、この時
はそのピンク色の印象あまりに強かったから、
そういうブラウスじゃ無かったんだと思う。

後ろから「あの~」って感じで近づいた
もんだから、「エッ??」って感じで少し
驚いたような表情してる彼女にそのこと
直接告げられずに、

「後ろ後ろ」 と言いながら後腰の部分を
指差したら、少しの沈黙の後、声も出さずに
顔だけが八ッとしたような表情に変わって、
ありがとうとか、すいませんの言葉も無しに
更衣室駆け込んで行った。

その日はそれだけだったから、 こりゃ俺
嫌われたなとか避けられてるなって感じで
自己嫌悪に浸ってた。

それ言うことで逆に恨まれたり嫌われたり
することも想像したが、実際はもの凄く感謝
されてもっとラッキーなことに繋がった。
勇気出してホント良かった。

その後いろいろあってつき合うことになった
んだけど、会社辞めるまでセフレ(俺は彼女
いたので)として尽くしてくれた。

つき合う経緯は至って普通。次の日俺の前に
恥ずかしそうな顔して現れた彼女が(2人とも
出勤が早い)

「昨日はありがとう。知らないでいたら大変
だったよ。ありがとうね」って感じだったと思う。

期待していたニュアンスの感謝の言葉が
嬉しかったな。

俺に見られたことは問題無いけど、みんな
に見られることは嫌だからみたいな受け
取り方して勝手に自己満足してた。

それからお茶したり食事したりすること
になり、何度目かで普通に合体した。

初めての印象⇒なんだこの締まりはw

つき合ってみたら顔だけの女じゃなく、
着痩せしてた真っ白な身体は まさに出るとこ
は出てってヤツで、持ち物は凄いし、技は
持ってたし、持ってなかった技wも俺の
望むことは何でも応えてくれた。

この子ってⅤ部分の開いた白ブラウス着てる
こと多くて受付座ってると真上からブラや
胸の谷間見せるもんだから、営業がその
周りにしょっちゅうたむろってたw

当然こういう子だから、とにかく社内の
男達にモテるから優越感に浸れることが
一番だったかも。

ショールームや応接室でとか終日下着無し
とかの定番プレイもそういう条件下でより
楽しめた。

見かけ派手なのにあまりに性格の良い子
だったから、今でもこの子と結婚するべき
だったな~と後悔したりするw
半年前、付き合って間もない彼女とデート中に、
他の大学の俺の友人とバッタリ会う。

で、この時の二人の反応が妙な感じだったので、
その後彼女に聞くも、知ってる人に似てただけ、
初見だよ、との事。友人に聞いても知らないと。

その友人とはたまに会う機会があったんだけど、
こないだ酔った勢いで遂に白状した。
俺の予想は半分当たりで半分外れ。

俺は二人が過去付き合ってたのかも、と思って
たんだけど、友人曰く「セフレ」との事。

彼女は大人しくて物静かな人。
初エッチも付き合って三ヶ月もかかった。
ほぼ毎日会っててもだよ?

身持ち固いのかな、と思ったものの、
実はエッチは結構積極的で、そのギャップが
?という感じだったけど。

友人と彼女は、俺達が付き合い始める前に
セフレ関係にあった。

彼女が「ちゃんとした恋愛がしたい」と言って
友人を切り、暫くして俺と出会ったって感じです。

そして最近友人から当時の事を洗いざらい
聞いて、予て属性を感じていたものの、
ついにこの世界に踏み込んでしまった、
という事です。

元々は彼女が友人に告って始まった付き合
いとの事。あまりタイプではなかった友人が、
三度目の正直で「友達から」、という事で
付き合い始めた。

彼女は可愛いが、友人はややイケメンくらい。
中の上。しかも痩せててちよっと頼りない。

友達から、のはずが、好意を持ってくれている
女性に対してはガンガン行くタイプらしく、
最初のデートで初エッチ。

俺との時の三ヶ月を考えると、ちょっと信じられ
なかった。

友人曰く「俺のいう通りにしていれば彼女に
してくれると思っていた節がある」との事。
それから毎日セックスばっかしていた。

大学から戻る頃に部屋の前に待たせてセックス、
夜中したくなったら呼び出してセックス、
腹が減ったら彼女の部屋にアポなしで押し掛け
てセックス・・・

とても信じられなかった。
あの控え目で、エッチは積極的だけど毎日なん
か絶対にさせてくれない彼女なのに、と。

友人は「エッチの思い出しかない」と言っていた。
デートらしい事は一切していないと。

またその内容が酷い。
酔った友人は「あいつに言うなよ」と言いつつ、
薄ら笑いしながら全部吐き出した。

マジで一時間ぶっ続けのフェラ、青姦、ハメ撮り、
アナルセックス等々、俺はそれ聞きながら、吐き
気を催しながらフル勃起という不思議な経験をした

ただ、ゴムだけは絶対につけていたと言っていた。
「病気とか嫌だし」という理由。

お前が言うな、とは思ったけど。
ただ、出す時は飲ませるか、アナルの時は中出し、
と言っていた。

アナルセックスは嘘だろ、と最初思っていたけど、
妙に生々しい話は本当だと思わせるには説得力
があり過ぎだった。

「入れる時はうんちする時みたいにいきませると
スンナリ入る」とか、プロかよと思った。

あの彼女がそんな事するとは考えられない、
と言ったら、

「あの子も嫌々だったと思うよ。ただ俺にそれ
悟られまいと健気に感じてるフリしてたよ」だと。
兎に角友人の彼女になりたくて必死だったって。

友人はどうしても彼女に特別な感情を持つには
至らなかったけど、身体の相性だけは抜群で、
結局一年近くこの関係を続けたとの事。

一日二発で余裕で六百発以上はやっている、と
聞いた時は、俺の二十倍かよ、と泣きたくなった。
けど勃起もした。

最終的には彼女の方から別れを告げられた。

「別れてほしい、と言われた時に、今後もたまに
会えないか?と聞いたら、本当に忘れられなく
なるから絶対に嫌だ、と大泣きされたわ」との事。

この話聞いて凄くブルーになった。

copyright © 2008 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.