エッチ体験談の中で特に官能的でエッチな優れものを紹介。女性のHな告白体験談、男性のH体験談、エロ体験談
このサイトは、女性の告白体験談(H体験告白)、男性のH体験談エッチ体験談)を紹介する18禁ブログです。多数の性的描写が含まれておりますので18歳未満の方は退場下さい。投稿はH体験談投稿ページからお願いします。


都道府県別 無料掲示板
女性に連絡する場合→フリーメールOK
北海道
東北
北陸
甲信越
関東 東海 近畿 中国 四国 九州
沖縄
北海道 新潟 東京 愛知 大阪 広島 香川 福岡
青森 富山 神奈川 静岡 兵庫 岡山 愛媛 佐賀
岩手 石川 千葉 岐阜 京都 鳥取 徳島 長崎
宮城 福井 埼玉 三重 奈良 島根 高知 熊本
秋田 山梨 群馬 滋賀 山口 大分
山形 長野 茨城 和歌山 宮崎
福島 栃木 鹿児島
沖縄

関東地区 女、40前半、158/45 

相手 10代後半、関東地区 学生

軽い自己紹介と、会う日時を決めるやりとりをしたのみ。
写メ交換なし。最寄り(と設定した)駅で待ち合わせ。

放置されるかなーとぼんやり待ってたら、
細身の青年から声をかけられる。

さすがにBBA相手には無理かな、と思いきや
顔パスするつもりはない様子。

でもセクロスしようとも切り出せない感じで、
世間話をしながら辺りをブラブラ。
なんかどぶ臭いな、と思ったら、彼から発される口臭だった…。

うーんでも若いし折角だし、と思っていたら、
ホテルに行こうと言われる。

歯を磨いたら大丈夫かな、でも食べ物系の臭いじゃないから
どうしよう、と思いつつホテルへ。

初めてのラブホテルにはしゃぐ彼。
臭いでソファに座る彼の横に座れないでいる私…。

とりあえずシャワーを浴びてもらう。
その間テレビを見たり空調を整えたり証明薄暗くしたり。

そのうち彼が出てきて、私がシャワーを浴びに浴室へ。
洗面台の歯ブラシセットが開封されてないorz
どうしよう…と思いつつシャワーを浴びて歯を磨く。

でもこちらから言いにくいしなーと思いつつ、
若い子なら我慢できるかな、とか色々考える。

部屋に戻ると…セクロス始まってしまいました。
まじ臭い…なのにキスが好きなのか…臭い。
けど口内に入ると案外平気だ、と妙な発見。

首筋やら耳やらなめられて…臭い。
けど残り香は普通の唾液の臭い、とまた妙な発見。

口でして、と臭い口で言われて、
口臭から離れられると思いホッとする。

ちんこは無臭。大きさは体に比例して、普通。
でもさすが10代、くぎが打てそうな硬さ。

交代しよう、と言われてまさか、と思ったけど
クンニはなしでホッとする。いつもならがっかりするところだけど。

中にコリコリするものがある、と嬉々として言われるも、
そこそんなに気持ちよくない、というか痛い。

下手したらこの子、クリの存在知らない?と思いつつ、
歯を磨いてが言えない私にそんなことが言えるわけもなく。

そして挿入。正常位、気持ちがいいけど、口が臭い。
よがってるフリをして顔をそらしてもキスしてくるorz

正常位が好きだけど、騎乗位かバックが好きな子にしか
当たらないとの事。口が臭いからじゃないかな。

そんなこんなで向こうが射精。
ゴムの処理後すぐに硬くなるなんてすごい。
けど口が臭い。結局2発やって終了。

若い子が好きなくせに、若い子特有の気の利かなさや
性技の稚拙さに寛容じゃない自分に気付かされたから
会えてよかったと思う。
前編は以下のとおり
友達の嫁を抱かせてもらってる
友達の嫁を抱かせてもらってる 続編
友達の嫁を抱かせてもらってる 続続編
友達の嫁を抱かせてもらってる 続続続編
友達の嫁を抱かせてもらってる 続4編

「……あっだめ、ゴム付けて…」
ってKちゃんの声でゴム付けてから挿入。

「あ、あああああっ!ぃ、いやぁぁっ!ああっ!」
って入れた瞬間Kちゃんが仰け反りながら叫ぶみたいな喘ぎ声。

奥まで入れて動きを止めて
「Kちゃんは友人以外とSEXしてないの?友人には内緒にしとくよ。」
ってささやいたら

首振って
「ああっ…し、してないですっ」

「じゃあ、久しぶり?」
「…あっうんっぁぁあ凄いっ動いちゃダメ。」

って見上げて来るので期待に答える意味で
Kちゃんの脚を思いっきり広げて押し付けて
拘束するみたいにのし掛かる体勢にしたら、

それだけで
「ああぁっ!ああっ!あんっ!」
って真っ赤な顔で見上げてくる。

「動くけど気持ちよくなっていいよ」
って超上から目線で言い放ったら

「…あぁ…もう気持ちいいのにっ」って言いながら
目をつむって体の力抜いたので抜き差しスタート。

とりあえず2分目位にキスしながら激しく突いた所で
Kちゃんの一回目イキが来た。

一回目は言わないで下から押し付けるみたいに
腰を押し付けてきた後、めっちゃ膣が収縮。

かまわず突いてたら
「だめっ敏感になってるからだめっ!」
って懇願されて抜き差しストップ。

「イケた?」
「・・・イケ・・・ました。判りますか?」

「判るよ。」
「ほんと…恥っずかしい…ですけど…」

等々話しながらゆっくり動き始めたら
今度は歯を食いしばって吐息漏らすようになったから

そのままゆっくり動いてたら
「ゆっくりダメ…」

「こうやって挿れられてイッたの久しぶり?」
「…久しぶりっていうか、多分、はっきりしたの、
初めてですっごいびっくりしてます…」

で多分Kちゃんの予想以上にゆっくり動いてたら
その動きがツボだったらしく

Kちゃんが集中するみたいに目をつむって俺の肩に手を掛けてきて
それからKちゃんの全身が真っ赤になって
ヌルヌルの汗をばーってかき始めた。

かなりゆっくり突いてたけど腰と腰がぶつかる度に
「あっ・・・あぁっ…あんっ…あぁっ」
って吐息みたいに吐いてたのが、

ヌルヌルの汗をかきはじめた直後から
抜き差しのスピードは変えてないのに

Kちゃんが俺の両肩をぎゅーっと掴んで
「あ!あっ!ああっ!ぁあんっ!ああんっ!」
って大声で喘ぎ始めて

「気持ちいい?」
「…あっ!イキそう!やだぁイキそう!あああっ!」 って絶叫。

抜き差しのスピードがゆっくりだから
おっぱい揉みしだきながらキスしたら

「あっ、え、いぃ・・・あぁぁっ!」
「いく?」

「いくっ…あぁい、いきますっ…イッちゃう!
ああっ!あんっ!あんっ!イッちゃう!」
って言いながらしがみついて来て2回目イキ。

そこら辺でもうKちゃんの反応から俺の方もヤバかった。

びゅるびゅる射精しそうな感じで熱くなってたけど
おっさん化して涼しい顔で
「イッた?」
「・・・・・・・・・」

ってうなづいた所で動き止めて
挿れたままKちゃんの息がちょっと整うの待って俺も落ち着かせた。

そのままぼうっとしたKちゃんにキスしてゆっくり突きながら
「あんっ!あんっ!あんっ!」
って素直な反応を楽しんだ後、

耳元で「Kちゃんの口に出したい」ってささやいたら
「あっ!あんっ!えっち、いいよ・・・」

「いいの?」
「いいよっあっ…・いいよ…・」

「友人がいいっていったらこれからもする?」
「・・・ああっ…私が嫌っていってもして欲しい・・・」

「無理やり?」
「うん、無理やりして欲しいっ…あんっ!」

ってとこで抜いてゴム外して寝転がった瞬間、
Kちゃんが咥えてきてフェラ。

くいっくいって上下移動の時に
明らかにKちゃんの頬がさっきより窪んでて
めっちゃ吸ってるのが判った。

Kちゃんの顔掴んで最後に腰動かしたらベッドに手を突いて
顔の位置固定して完全に射精を受け止めるモードになって、
そこで思いっきりKちゃんの口の中に射精した。

「んんっんんっ・・・」
って言いながら口の中で最後まで受け止めさせて
しばらくそのままにしてたら

ちょっと抗議っぽい声上げたけど
しばらくして目つむって喉鳴らして、そのままフェラ続行してきた。

俺自身おっさんキャラ入ってたけど、
Kちゃん自身もキャラ入ってたと思う。

まず第一声が「いつもこんなえっちしてないですよ・・・」
で、「いや俺も」って言いながらちょっと笑って、
そこからまったりキス中心の後戯から短めの2回戦で終了。

普段と違うキャラでってのはKちゃんも何となく楽しかったらしく、
結構 「いっつもこんなじゃないですよ。」
とか言われたけどお互いいい感じだったと思う。

SEXした事は友人にも伝わってるし、その後泊りでって事もあったけど
友人と直接Kちゃんとの事についてのやり取りは無し。

例えば泊まりでもKちゃんが
「今度会う時泊まっていいって言ってるんだけど大丈夫ですか?」
って聞いてきて泊まるみたいな感じだし、

友人と飲む時も家族の会話としてのKちゃんは出てくるけど、
俺との事とかはお互い会話に乗せない。 そんな感じです。

copyright © 2009 エッチな告白体験談ブログ all rights reserved.